(この横断歩道の赤信号は永遠に続くかのごとく長い)

秘書を務めていた元上司の話。東京での出来事だったという。切符を買うため券売機に並んでいるとボスが見当たらない。

トイレにでも行ったのだろうか。待つこと数分。さらに待っても、来ない。ここで動いてはお互いにはぐれてしまう。不用意に動けないジレンマ。

30分ほど経ったころにトランシーバー大の当時の携帯電話が鳴った。ボスからだった。

「何をしているのだ」

「切符を買おうと...。どちらにいらっしゃるのですか」

ボスはすでに目的の駅に着いているという。急いで行くと案の定ボスがいました。

こちらの非ではない。そう思った元上司は謝罪の言葉は告げなかったそうです。事情を聞くと、せっかちなボスは秘書が切符を買うのを待っていられなかったのだという。

「どうやって改札口を通ったのですか」

「駅員のいる改札口をそのまま通って行った」

「出るときはどうされたんですか」

「出るときも同じくそのまま通って出た」

要するに切符なしで無賃乗車をしたことが判明。にもかかわらず、駅員から誰何(すいか)も、咎(とが)められることもなく入場と退場ができたというのです。

たしかに威風堂々としています。いわゆるオーラの漂う人でありました。私もかつて一対一で面会をしたことがあります。緊張しました。

そのあまりの堂々たる振る舞いに駅員もやんごとなきお方なのだろうと声をかけることさえできなかったようなのです。

おそらくはご本人もそう自ら信じ切っているからこそなし得る振る舞いなのでしょう。我が王道を歩むまでだという確信。切符などという世事にとらわれてなるものかという信念。

天下国家からすれば切符の一枚や二枚など些末なことです。あとは秘書が良きに計らうだろう。

祇園のお茶屋での支払いに現金のやり取りがないのと同類の感覚かもしれません。やんごとなき人は些事に無関心です。

兎にも角にもというか、私もやってみたくなってきました。

まず、いい背広が必要です。エナメルのピカピカの革靴も。髪も切り揃えましょう。歩き方も練習しなければなりません。背筋をビシッと伸ばし、眼光鋭く闊歩するのみです。

どうでしょう。やれそうでしょうか。やれそうな気がしてきました。エルガー作曲「威風堂々」を聴きながら気分を高揚させるといたしましょう。

新聞の社会面に載ったときは失敗したと思ってください。


(久しぶりのカフェ「讃香」)

感度が鈍いのか。あるいは傲慢になったのか。長編の名作を読んでも感動しなくなりました。友にそのことを言うと、同じだと言う。

「あのさ、いま司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読んでるんだけど、学生時代に読んだときのような感動が蘇ってこないんだよね」

「わかります。おれも同じです。だから脳科学の本とか実務の本ばかり読んでます」

「わがる。おれもハウツー本の方が面白いって感じるもんね」

「小説は読まなくなりましたね」

「亡くなった母がね、私が子どもの頃、小説は若いうちに読みなさいって言ってたんです。今になってわかるね、その意味が」

「なんなのでしょうね」

「やっぱさ、主人公がおれらより若いって言うのがあるよね。下に見ちゃうというか。要は傲慢になってんだよね。傲慢さが原因だね。おれもひとかどのことをやってきたというか。そんな慢心があると思う」

「なるほど」

「でもね、すごいなって思うのは、『レミゼラブル』とか、『モンテクリスト伯』とか、こういった長編の小説って著者が結構な年齢になってから書いているんだよね。そこがすごい」

と言いながら、必要があって『坂の上の雲』を無感動のまま読み進めています。かつての感動はなんだったのか。テストステロンの涸れも影響しているのかもしれません。

シビレエイは自らが痺れているから痺れさせることができる。そんな寓話があります。


(久しぶりのあんみつに感動しています)

感動も同じことかもしれないと思う。人を感動させるには自らが感動していなければ成し得ない作業なのでしょう。

その意味で文豪や巨匠たちは、晩年に至るまで燃える何かを自身の胸中にたぎらせていたのでしょう。

燃えるものはあるか。燃えているのか。厳しく自らに問い質しています。

燃えているのはへその上のカイロだけです。最近のカイロは小さくてもけっこう長持ちします。


(杜のドーナツの豆乳アイスクリーム。150円)

厄介な問題の解決。それは人に会うしかないのだろうと思っています。納められるべきものが未納となっている「滞納問題」がかつて在籍していた部署では厄介でした。

こちらから督促状を送る。送られた方は気持ちが良くない。長時間の苦情の電話も少なくありませんでした。

担当者はできれば滞納者とは面と向かって会うことは避けたい。ですから、文書を再び送る。

外からかかってくる電話の多くがこの滞納問題に関するものでした。しかも一件当たりの時間が長い。

どうするか考えました。

結論は、会うことでした。とにかく会おうと思いました。しかも、ヘビーでハードなケースから対応していこうと腹を決めました。

思い出に残る出会いがいくつかあります。

伺ってみるとご自宅は魚屋さんでした。

こちらが説明をしていると、突然、鯨カギ(木製の柄の先に鉄製の鋭いツメが付いているもの)で目の前のカツオをぐさっと刺しました。思わず後ずさりしました。

「わかったよ。わざわざ来てくれたんだから」

また別なお宅では明らかにそのスジの方のように思えました。

聞いたことのない鳴き声の鳥が飼われていました。大きな亀もいました。お客さんの背後には鎧兜が私の方を見据えています。

「香りのいいお茶ですね。これは椎茸茶ですか」

「違うよ。松茸茶だよ」

「す、すみません」

椎と松には大きな違いがあります。謝る私。気分を害してしまったかもしれない。

1時間は話し合いをしたでしょうか。時折、鋭い鳴き声が響きます。よく伺うと滞納には理由がありました。

なぜか、この訪問を機に過去の滞納分はもちろんのこと毎月の分も払ってくれるようになりました。

こういった訪問を数か月するうちにいつの間にか苦情の電話は途絶えていました。

パレートの法則を引き合いに出せば、苦情の8割は2割のヘビーでハードな苦情主によるものである。その2割への対応を優先して行えば、解決への道が大きく広がると言えます。

問題事例のすべてが話し合いで解決するとは思いません。が、人と人との関係に起因する厄介な問題はやっぱり会うことなのでしょうね。

そして、大事なことは話し合っても解決しない事案は、当地で言うところの“うるかして”おけばよいのです。

完璧を求めるあまり心を煩わすのは非生産的ではないか。最近そのように思うようになりました。


※「うるかす」とは、米を水に入れて浸潤させることを意味する。付随してそのままにしておくことの意味もありますが、良い意味では使われない。


(「なると金時プリン」。芋系・栗系のスイーツが好きです)

健康診断を受けました。とにもかくにも健康診断が嫌いな私。以前「健康診断が嫌い」で述べた通りです。健診に係る一連のすべてのことが物憂く感じます。要するに面倒くさい。

健診の締めはお決まりの胃部エックス線バリウム検査です。氷雨が降る中、胸部エックス線検査の検診バスから心電図検査のバスへ、そして最後に胃部エックス線バリウム検査のバスに移動。

胃部検査では腕力テストかと見紛(みまが)うアクロバティックな格好をさせられます。憂鬱です。

その憂鬱な気分に拍車をかける表示を検診バスの待機スペースで見つけました。

それにしても、あの狭い待機スペースは職階も名誉も威厳もすべてはぎ取る空間であるといつも感じます。

さて、表示の話に戻します。

「あらかじめ液体の下剤がバリウムに入っていますが、日頃の便通に合わせて錠剤の下剤もお渡ししています」

なんと「あらかじめ」「下剤が」「入って」いる。これはやばいかもしれない。

私はバリウムを飲むと逆にお腹がゆるくなります。したがってこれまで下剤を飲んだことがありません。

下剤インバリウムなど余計なお世話です。案の定、30分後には腸の蠕動(ぜんどう)が激しくなり催してきました。午後はずっとお腹がゆるみっぱなし。

帰宅後も身体が脱力し、当地で言うところの「がおった」状態にあります。しんどいです。リンスインシャンプーならいざ知らず、下剤インバリウムとは余計なお世話です。

余計なお世話と言えば、検索サイトに表示される広告もまた余計なお世話です。

「口臭は歯磨きではダメ!○○が原因!」

「50歳、すぐについちゃう内臓脂肪が!」

どうして年齢がわかってしまうのでしょう。

追記:今回の健康診断では医師による診察がありました。とってもかったるそうに椅子にもたれていました。

「どっか悪いどこある?」

頭の方がと言おうとしましたがやめました。

「逆流性食道炎なんです」

「食ったらすぐに横にならないことね」

これで終わりました。


(早暁の徒歩通勤)

利久大和町店。午前11時30分の開店の時間と同時に入店しました。旧友と約20年ぶりの再会。二人とも牛たんヘルシーセットを注文。

米国に渡って20年余。現在、国連本部事務局に勤めている友。PKOの担当だという。

「雇用ってどんなふうなの。ずっと勤められるの」と私が質問。

「2年ごとの契約更新なんですよ。どのような成果を出したのか評価されるし、分担金拠出国の意向によっても継続雇用となるか判断されるんです」

「そりゃ大変だ。緊張感があるね。雇用打ち切りに備えて人間関係を幅広く作っておかないとだめだね」

「人間関係は大事ですね」

「そうそう、いまねドラッカーの読書会に参加しているんです。アメリカではあまり読まれていないようだけど」

「そうでうすね。私も読んでいますよ。強みを生かすというのは大事な視点で職場でドラッカーを実践しています。弱みに着目するとどうしてもぎすぎすしてまいますからね」

20年前、旧友は以前ドラッカーが在籍していた大学に留学中。当時、彼を訪ねた私はドラッカーについて聞かせられたものの、興味を持ちませんでした。

今思えば惜しいことをしました。生前に偉大なるドラッカーに会えたかもしれないのですから。

次回、ニューヨークのラーメン店で再会することを約し、友と別れました。


(ホテルの朝食が好きです)

いわきワシントンホテルの朝食会場。3年ぶりに地元の友と朝食会を催しました。今回で3回目です。朝7時過ぎ集合で8時解散。

それぞれの取り組みや関心のある分野、新しい動きについて情報交換。

あえて朝に行う。朝食会は濃密なひとときを約束してくれます。山本周五郎著『樅ノ木は残った』の主人公が催す朝粥の会を模して始めたものです。

いつしか話題はブログの朗読会「朗ブロ」に移りました。

「じつは『朗ブロ』は職場の友達に背中を押されて催したんです。誰かを頼む心があったのではだめだ、と。それではインパール作戦の牟田口司令官と同じになってしまう、と言われました」

「そうなんですか」

「察してくださいじゃだめだ、ということです。牟田口司令官は上司である中将に作戦中止を察してほしかったと後年語ったとされています。自分の口からは中止してほしいとは言えなかったんですね」

朝食会を閉じようとしたそのとき友がある報告をしてくれました。自ら語ってくれたことに私は嬉しくなりました。


(いわき芸術文化交流館アリオス。しゃがむと世界が違って見える)

「平和と親善を目的とする五輪に、戦争と対決を招く空母が出場できる種目はない」--- 北朝鮮は祖国平和統一委員会のウェブサイトに米空母を牽制する論評を掲載したという(2018.1.13ソウル時事)。

なかなか上手いこと言うなと思いました。人は言葉の応酬をしている間はまだ後戻りできる余裕があります。いよいよのとき人は寡黙になります。

この北朝鮮の論評に対して、いずれにしても米空母は「金」を狙っている、とネット上でコメントした人がいました。これまた当意即妙な返しだと感じ入りました。

服を買いにユニクロに行きました。各コーナーにはモデルが着こなしている写真が貼られています。どれも素敵です。じつにカッコいい。

馬子(まご)にも衣装。公家にも襤褸(つづれ)。

そうは言うけれど、それは違うなと思いました。確かに人は着る服で立派にもなり、みすぼらしくもなる。そういった一面があることは否定しません。

けれども、カッコいいモデルが着れば何を着ても様になるのです。仮に蓑(みの)を着せたとしても、モデルはカッコいいはず。むしろワイルドさが際立つことでしょう。

私が蓑を着たらどうなるか。

「七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞ悲しき」(後拾遺集)を彷彿とさせるひもじさ溢れる世界が現出すること間違いありません。

ですから、モデルが着ている写真を見ていい服だと思って買ったら、メーカーの思う壺。まるでスーパーの試食コーナーで食べた際の感激と食卓での落胆にも似た悲劇を味わうことになります。

というわけで、ふと気がつくと日曜日の夜が更けてきました。明日は月曜日。そう思うだけで気が滅入ります。

蓑を着た夢でも見てみましょう。なんだか無性に蓑が着たくなってきました。


(父子合作によるなんちゃってケーキ)

「人は言葉によって自分自身を知り、他者を知り、生きる勇気と誇りを手にすることが出来る。言葉は、人を自由にするのです」(岩波書店『広辞苑』第7版ウェブサイト)

10年ぶりに『広辞苑』が改訂されて第7版が発刊されるという。

若き日、『広辞苑』を枕にして読書をする癖をつけました。意味不明の言葉に遭うと、いとわず『広辞苑』をひもとく。理解した言葉を数回新聞紙に書く。そんな習慣です。

もともと扁平な後頭部が扁平の度合いに拍車がかかりました。

いま「星々のつぶやき」を綴る上でも『広辞苑』の「自序」の言葉は私の羅針盤です。

「とにかく 、簡明にして平易、広汎にして周到」

何十万という言葉の大海原。その大海の中で己の知り得る数は限りがあります。

「竹馬の友」

ずっと「たけうまのとも」だと思っていました。「ちくばのとも」だとわかったのは最近のこと。

しかも、中国由来の「ちくば」と日本の「たけうま」とは似て非なる遊びであることも。「ちくば」は竹を跨いで馬のようにして遊ぶものらしい。


(愛用の第4版『広辞苑』)

『広辞苑』と言えば、タイ滞在中に相原コージ著『コージ苑』にもお世話になりました。珠玉の四コマ漫画です。

異国で読む、あまりにも日本的なシュールで時にシニカルな諧謔(かいぎゃく)に腹を抱えて笑ったものでした。

というわけで、『広辞苑』第7版を購入すべきかどうか、迷っています。文章書きにとっては歳時記のようなもの。

第7版のあとは第8版が出る。第8版のあとは...。スマホもiPhone6で我慢しているし。

Amazonで普通版9180円。ん〜。


(冬の猪苗代)

とにかく冬が嫌い。厳冬の今ごろが特に苦手です。理由は手先が冷えるからです。本当に冷たい。切なくなるほど冷え切っています。私は変温動物ではないかと思う。

日本は日常のあいさつにおいて握手を交わさない。だからまだいい。20年前住んでいたカナダではよく握手を交わしました。抱擁もし頬にキスもします。

抱擁やキスは最初戸惑いながらも慣れました。でも、握手がいやでした。皆、私の手の冷たさに驚くのです。ハッと顔に表します。

冬の握手の悪弊から逃れた今も手先が冷たいことに変わりありません。恥辱を忍びながら、五十男が職場で指先の出ている手袋をはめています。

なんとかならないのか。懸賞金を出して私の手先の冷えを改善する方法を教示してほしいと思うほどです。

直接的な原因は血液が手先に行き渡っていないことにあるらしい。その根本的な原因はわからない。

いろいろ対策を調べていくと対症療法ではあるものの、お腹を温めると手先が冷えが改善されるという。どういうことなのでしょうか。

血液が行く場所には優先順位があるらしい。もともと血のめぐりが悪い私。血液は大事な内臓を冷やさないように内臓に集結するようです。

その内臓をカイロで温めてやるのです。そうすれば血液を集結させる必要がないと判断してくれるはずです。誰が判断するのか不明ではありますが。

やってみました。これは不思議。じんわりと手が温かくなりました。腹巻もいいかもしれないと思いました。

小さな、小さな発見でした。仮説が当たると嬉しいものですね。これで宝くじも当たれば懐も温かくなるのですが...。


(五浦の六角堂)

「業務は型にはめる。発想は型にはめない」 --- 仙台で開催されたある勉強会。発言者の言葉が心に残っています。

10人ほどの事例発表でした。誰の言葉なのか思い出せません。記憶力が弱ってきました。これからは発言者の名前も留めておくようにします。

「発想は型にはめない」。これは難しそうで意外に容易です。頭を柔らかくさえすればよい。難しいのは「業務は型にはめる」方です。

ルール作りこそ勝者の道。型にはめた方が勝ちです。

ruleにerを付けたrulerという英単語は文字通り支配者を意味します。

インターネットのURLに国名が表記されていないのが米国です。

日本国内の場合、jpドメインが付されます。しかし、米国では、企業であれば.comとなり、政府機関であれば.gov、非営利組織であれば.orgです。国名がありません。

まさにルールを持つ者“ルーラー”のなせるわざです。

英語という言語も言語として優れているかどうかではなく、ルーラーの言語であるがゆえに国際社会の支配言語となっていると言えます。

その意味で中国文化や中国語の教育宣伝を行う公的機関「孔子学院」の設置を中国政府が世界各地で進めていることは、もっと関心を持っていいかもしれません。

現在、世界各地に約500校あります。2020年までに世界中に1000か所の孔子学院と孔子学級を中国政府は設置しようとしているという。日本国内にもあります。

なお、孔子学院は儒教教育とは関係ありません。

閑話休題。

NHKスペシャル「激変する世界ビジネス“脱炭素革命”の衝撃」をめぐってエネルギー産業に携わる方と語りました。

番組の概要は次の通り。

「世界に衝撃を与えたトランプ大統領の『パリ協定』脱退。にもかかわらず世界のビジネス界は、今世紀後半に二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする“脱炭素革命”に向けて大激変し、その動きは止まらない。なぜか?」

「この動きを決定づけたのは、世界最大の二酸化炭素排出国、中国が“環境大国”を目指し始めたこと」

「11月にドイツ・ボンで開かれたCOP23には、脱退したはずのアメリカや、エコ文明を打ち出し“脱炭素”のリーダーをめざす中国など世界中のビジネスマンが集結!だが日本では再エネ普及も進まずトレンドに乗り遅れている」(NHKウェブサイト)

「去年の12月のNHKスペシャル、脱炭素革命をご覧になりましたか」と私。

「たかしに番組の言うとおりなんです。そうなんですが、東南アジアなどの発展途上国においてはまだ火力が必要なんです。すぐに脱炭素というわけにはいかない」

番組を見て私が感じたことは、「地球にやさしい」とか「地球温暖化を心配して」といった次元ではなく、ビッグビジネスとして動いている、ということでした。

しかも、間違いなく中国が“脱炭素革命”のルーラーになろうとしているということです。

脱炭素という「型」を誰がどのようにはめるのか。今まさに鎬(しのぎ)を削る戦いが始まった、と思いました。

型にはめた方が勝ちです。ルール作りこそ勝者の道。


(藍の波を立てる鮫川)

だんだんと気持ちが柔(やわ)になってきた。そう思います。以前は抗(あらが)う精神がありました。ナイフのようにとがっていました。

30年来のなじみの理髪店に行くたびに言われます。

「最近ずいぶんと髪の毛が柔らかくなってきましたよね。特に頭頂部がほら」

頭頂部と太陽は直視できない、とはだいこんくんの箴言(しんげん)です。

頭髪の柔らかさと心の強靭性は相関関係にあるのでしょうか。頭頂部も心も脆弱性を示し始めました。

以前、「総ぐるみ」という言葉に抵抗がありました。特に「◯◯総ぐるみ運動」といった表現が苦手でした。

“総ぐらまれたくない”と思ったものでした。「総ぐるみ」とは、思考停止状態で行われる集団行動に思えたのです。是非を論ぜずお上や周囲から言われるままに行う行為に見えたのです。

そして何よりも、「総ぐるみ」に否と意思表示をするマイノリティに対して冷たさを感じたものです。少数派を排除する運動に思えたのです。

議論して皆が納得しての総ぐるみ運動であるならばいいのです。総ぐるみで行うことそのものに意義を見出す思考様式に嫌悪感を持っていました。

杉本良夫氏は言います。

「『日本人をやめる』というのは、広い意味では、日本文化のなかにある束縛的なしきたり、日本社会の非民主的な枠組み、日本人の日常生活を支配する非人間的な構造にアカンベーをする人間になるということである」(杉本良夫著『日本人をやめる方法』)

さらに氏はその「日本人をやめる」ことの厳しさについて次のように述べています。

「地球時代にあって、日本と関わりあいながら、なにがしかの社会変革を志す人たちにとって、『闘争』と『逃走』は盾の両面である」と。

上述の引用中の「日本と」を「地域と」に置き換えてもよいでしょう。

というわけで、美味しい干し芋を食べたい、濃厚な和栗モンブランケーキを食べたい、ぷりっぷりの海老チリを食べたい、等々の欲求に抗し難く、人間が柔(やわ)になってきました。

闘争など無縁となり、もはや逃走を超え、遁走(とんそう)するばかりです。

総ぐるみの軍門に下るとそれなりに楽だということに気づいた今日この頃のつぶやきでした。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM