(やがてはこんな高層のセンターも)

からつづく)

「大人元気センター」のもう一つの目玉は個室型安眠室です。文字通り安らかに眠る部屋。ただし、1時間を限度とします。宿泊施設にはしません。

大広間に雑魚寝は見た目もよくない。子どものころよく目にしたヘルスセンターの猥雑な大広間を思い起こします。

座布団を半分に折って座卓のわきに横になる。あまりにも日本的です。常磐ハワイアンセンターでも日常茶飯な風景でした。

目覚めたときに頭や足を座卓の天板にぶつける。あの、他に責めを求めることのできない痛さは不甲斐ないものです。

さて、個室型安眠室は、“和風シエスタ”ともいうべきコンセプトに基づき設計されます。

枕カバーをはじめ、布地は、最高級の麻であるアイリッシュ・リネンです。湯上り後の清涼感を心ゆくまで味わえます。

壁は呼吸する壁といわれる珪藻土(けいそうど)。適度な湿度と防音性を保ちます。

ヒノキの香りが漂う安眠室は身体を横たえた瞬間から脳内のアルファー波が増大。深い眠りを約束します。静養こそが最良の治癒といわれます。

幼いころ、午後の昼寝の目覚めときに、いまが朝なのか、夕方なのか、そしてどこにいるのかわからなくなるくらいの、マリアナ海溝のような深い睡眠を経験しました。

それを大人にも味わわせたい。私の切なる願いです。

思わず翌朝を迎えたのか、と錯覚するような目覚めを安眠室はお約束します。

というわけで、大人元気センターは入浴後のくつろぎに力を入れています。

防音性に優れた個室型居酒屋、多種多様なマッサージを味わえるマッサージコーナーもプライバシーに配慮しています。マッサージ後のまどろみタイムも確保。

そして、前後不覚となるほどの深い眠りと目覚めを約束する安眠室を設置しています。

「大人元気センター特区」。おしりを決めて速やかに進めてほしいものです。


(レトロなカフェが好きです)

(上よりつづく)

「大人元気センター」構想への要望が読者から寄せられました。マッサージコーナーも個室化を図るべき、と。

確かにむべなるかなと私も思います。揉まれている姿を人に見られるのが嫌だという。

そういった羞恥心を私は元来において持ち合わせていません。しかし、マッサージ中にうつぶせ状態で顔面を支える開放部分から唾液を床に垂らすという実績を私は持っています。

“垂涎(すいぜん)記録保持者”としては、やはり隔離してもらったほうが断然いい。マッサージコーナーは個室化を図りましょう。

ただし、男女が二人きりになることによるリスクもあることから、目立たないよう監視カメラを室内に設置したいと思います。

ところで、このごろ物事において余韻というものの大切さを感じるようになってきました。むしろ、余韻こそ「主」であり、余韻に至るまでは「従」なのではないか、と考えるようになりました。

齢(よわい)五十路に至ると心境も変化するものです。

そこで、揉んでもらったあとに即座に退出を促される、あの余韻のなさを改善したい。もう少しベッドでまどろみたい。

「大人元気センター」ではそんな余韻を楽しむ時間を設けたいと思います。

1時間のマッサージにはその半分の30分間のまどろみを、40分コースの場合は20分間のまどろみタイムをセットとします。

さらに私の場合は床にソラマメに似たステンレス製の膿盆を置いてもらいます。安心してまどろむことができます。

もう一つ、当センターでは、トイレの質を限りなく高めたい。TOTOとLIXILによる夢の共同開発によって最高級のシャワー付きトイレを設けようと思います。

肝(きも)はシャワーの機能の高度化です。

最高品質の洗浄はもちろんのこと、新たに「便意促進機能」を付与します。シャワーには洗浄以外の力が秘められています。

水勢や角度、温度の最適化を図り、シャワーが便意を促進し、初期排泄後にさらに二次、三次と横行結腸付近に滞留しているものまでをも促すのです。

おなかがすっきりすると頭も心もすっきり。心も元気になります。

一流のアスリートは、試合において食事の摂取以上に排泄に神経を使うといわれます。おなかをすっきりさせることでメンタルを最適に保つのです。

心の元気といえば、当センターではこれまでにない機能を設けます。詳細は(下)にてお話します。

(下へつづく)


(あさの風景)

「大人元気センター」こそ必要なのではないか。この思いが日に日に強くなっています。

先日、シンガーソングライターの弾き語りを聞く機会がありました。

彼曰く。若者を元気にするためには、大人が元気にならないといけないと思う、と。

我が意を得たり。私は己の膝を打ち、彼の肩を叩きました。彼に私はいいました。

「子どもは大人の鏡です。大人こそ元気にならねばなりません」

そう、私はかねてから心ひそかに「大人元気センター」の構想を温めてきました。

まず入館の条件。

18歳未満は入れません。入館禁止です。お子ちゃまな雰囲気を一掃することで大人の世界の静謐(せいひつ)を保つのです。

センターの中核施設はやはり温泉。もちろん私の好きなサウナも充実しています。

4〜5人が入れる個室風サウナも複数設けます。室内では好きな動画を選択でき、番組は10分程度で完結するお笑い動画を中心とします。

画面は近眼者がメガネをはずしても見ることができるよう330インチのワイドスクリーン画面。つまらない既存のテレビ放送を垂れ流すことはやめます。

入浴後はマッサージコーナーにスムーズに移行できるよう予約状況がわかるよう浴室内にリアルタイムで表示。

マッサージコーナーはいわゆる整体のほか、あん摩、針灸など多種多様な業態を配置。お客様の多様なニーズに応えます。

湯上りの楽しみはなんといっても、干からびたのどを潤すビール。

完全個室の居酒屋を館内のど真ん中に設けます。

なんといっても防音性にこだわった設計。隣室の話し声がまったく聞こえないように随所に工夫を凝らします。

あくまでも気の置けない者同士の会話を心ゆくまで楽しむ。個室内においても音の反響は抑制した作りになっています。

居酒屋での私の最大の不満は雑音です。目の前の人の話が周りの雑音によってよく聞き取れない。楽しみを半減させています。

星々のつぶやきコンサルタントによると居酒屋での不満の第1位は「周りの雑音」、第2位は「従業員の接客態度」、第3位は「料理の内容」となっています。

まるで山里の一軒家でくつろぎながら飲んでいるような雰囲気。それを私は再現したい。

)へつづく


(アリが蜜を吸っています)

職場では始業前に朝礼があります。私がいまの職場に就職したころは朝礼はありませんでした。

私の課では毎日当番で職員があいさつをします。しかし、月曜日だけは課長が毎週あいさつする習わしになっています。

理由はわかりません。週の初めだから気合を入れる意味合いがあるのでしょうか。

そのようなわけで月曜日は毎週ひとこと、私が語らなければなりません。これがけっこう憂鬱です。

愛読者の皆様はご存じのように私は月曜日が非常に苦手です。

「星々のつぶやき」では、私のポリシーとして「非常に」や「とても」等のいわゆる“程度副詞”を基本的に使いません。

しかしながら、こと月曜日に関しては「非常に苦手」なのです。

前日の夕方から気分が下降。「笑点」のラッパが鳴ると、起立時に後ろからひざの裏を一撃されたときのように心が沈鬱になります。

さらに、「サザエさん」のエンディングの間奏に至った瞬間、とどめを刺すかのように浮上困難な憂鬱さに満たされます。

月曜日が苦手なことは、当ブログでもたびたび言及している通りです。

というわけで、月曜日の私のあいさつは称賛の言葉から始まります。

「皆さん、よくぞ出勤してこられた。これ、ただごとにあらず」と。

雪中行軍(せっちゅうこうぐん)で誰ひとり落伍せず目的地まで踏破したときの隊員を見る、上官の眼差しになっています。

金曜日をプレミアムにする前に月曜日対策を講じてほしいと切に願っています。

月曜日は午後からでいいんじゃないでしょうか。いっそのこと月曜日を廃止してほしい。


(火力発電所を望む)

子どものころ一艘のボートがありました。ソーダアイス色の手漕ぎボートです。

購入したものか、もらいものなのか、いったいどういうわけで我が家にボートがあったのか。

入手の経緯は思い出せません。おそらく父が拾ってきたのではないかと思います。

拾ってきたといえば、学生時代に自転車に乗っていたら職務質問を受けました。

自転車は故郷の山中で父が拾ったものを修繕して私に送ってくれたものでした。拾得物横領罪の疑いで八王子警察署稲荷坂交番に連れて行かれました。

交番から実家に電話が行き、両親が慌てふためいていました。いまとなっては懐かしい思い出です。

さて、当時、火力発電所の社宅の脇を流れる鮫川の河口は少し変わっていました。ストレートに太平洋に向かって流れるのではなく、蛇行していました。


(蛇行していた鮫川の河口)

大腸が真っ直ぐな下行結腸からS状結腸に曲がり、最後に直腸に至って、また真っ直ぐになる。鮫川はそのような河口を形作っていました。

したがって、河口から海は直接見渡すことができず、河口の向こうには砂浜の岸がありました。その岸の向こう側に太平洋があったのです。

河口の陸地側からボートに乗り、向こう岸に遊びに行きました。陸地側とは植生が一変し、いかにも海辺という雰囲気に満たされているのが不思議でした。

地を這うように淡いピンク色のハマヒルガオが一面に咲き乱れ、ところどころにハマボウフウが生えていました。

寄せては返す波、むせるほどの濃い潮の香り、通奏低音のように絶え間なく響く波の音...。私たち家族のほかはこの真っ白な浜辺に誰もいません。

この浜辺の波の音を私はテレビの「砂の嵐」状態のボリュームを上げ下げすることによって再現することに成功しました。

ざるで小豆を動かす音より、よほどリアリティーがあると当時の私は信じていました。

得意になって家族に披露。が、誰も興味を持ってくれませんでした。ボリュームの調整が、もはやつまみではなくなったいま、あのときの感動は蘇りません。

別世界に来たような感じの向こう岸への小さな旅。文字通り、此岸(しがん)から彼岸(ひがん)に渡ったのだと思います。

あのときの高揚感は「浜辺の歌」とともにいまもなお胸奥に残っています。

というわけで、けさ、通勤時に映画「昼顔」のポスターを見て、遠い昔のヒルガオを思い出した次第です。

私のヒルガオはかくも美しい。大腸のたとえを除いて。


(「響きの宿」にて)

県立高校で実習船の教官を務めている友人にずいぶん前に尋ねたことがあります。以前から疑問に思っていたことをぶつけてみました。

「船の衝突事故ってニュースになりますよね。あの広い海でさほど高速でもない船がなんでぶつかるんですか」

「そう思いますよね。船はぶつかるんです。原因は何だと思いますか」

「さあ、見当もつきません」

「居眠りなんですよ。居眠り」

「居眠りですか」

「もちろんすべての原因が居眠りではありませんけど居眠りによる衝突事故が多いんです」

「へ〜初めて知りました」

「海は広く往き交う船も見えないこともあります。そんなわけで油断が生じ、うっかり眠ってしまうんです」

「居眠り運転ならぬ居眠り操船ですね」

「居眠りはよくあることですけど、海は広いのでふつうは船同士が出会うことはありません。ところがまれに居眠り操船同士でぶつかってしまうんです」


「そうなんですか」

「ひどい事例では居眠りしたまま島に乗り上げるなんていうこともあるんですよ」

というわけで、居眠りは重大事故の元だということがわかりました。

私は昼休みに居眠りして午後の始業のチャイムに気づかずにそのまま口を開けて天を仰いでいたことがあります。疲れていたのでしょう。

気がついたとき赤面するとともに痛いほどに視線に耐えられませんでした。事故の元ですね。


(あさのカフェが好きです)

栽培しているナスが二つ実をつけ、生まれて初めて収穫しました。可愛いピーマンも実りました。

ナスの栽培によって心境の変化が起きました。ナスを見る目が変わったのです。

いままでスーパーの野菜売場で見るナスは私にとって商品にしかすぎませんでした。

安いか、高いか。新鮮かどうか。ただそれだけでした。

作り手に思いを至ることなど、まったくありませんでした。安く、良質なナスが手に入ればうれしい。それ以上でもそれ以下でもない。

ところが、実際に育ててみると変わるものです。

たかがナス、されどナス。それなりに手間がかかります。人とナスの協働作業によって実がなることを知りました。

毎日の水やり、施肥、アブラムシの退治など日々手をかけるにしたがいナスに感情移入していく自分に気がづきました。


(ナス2個にピーマン1個)

朝の出勤時、夕の帰宅時にナスに近づき、実はもちろんのこと、葉や土の状況を確認。朝な夕なにナスと対話するようになりました。

もしかしたら、「声がけ」とは「肥がけ」に通じるのではないか、と思うようになりました。

日々成長していくナスに愛おしさが募ります。特に雨後に見違えるように大きくなった姿に感動すら覚えました。

ナスを栽培できるまでに成長した己の姿を両親に報告しようと、けさ、仏壇にナスとピーマンを供えました。

五十路に至り、やっとここまできました。

両親も喜んでいることでしょう。感謝合掌。

初茄子をもぎりて痛し指の先


(ナスの苗ナスの花咲く何の不思議なけれど)

いまになって思います。タイに留学していたころは笑いの感覚が鋭敏になっていたと。

小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」をバンコク市内の古本屋で立ち読みしていたときのことです。

相原コージの4コマ漫画「コージ苑」の可笑しさに我慢ができず、ついに極まって店内で大声で笑ったことがありました。なぜか爽快な気持ちになりました。

「嗚呼、あの人は暑熱に頭がやられてしまったんだろう」と周りのお客さんは見ていたと思います。

当時、私の住んでいたバンコクの学生寮にO君という日本人留学生がいました。

経済学に秀でた学生でした。単に優秀だということに留まらず、私にわかるように噛み砕いて教えてくれる。つまり、教えることも優秀なO君でした。

ある日のこと、米国人留学生にコージ苑を見せた。そうO君が話し出しました。

「あいつにさコージ苑見せたんだよ」

「で、どうだった」

「受けてたよ。特にこの場面。日本的だって。いかにも日本人らしいっていってた」

「え、なになに」

「これだよ」

中年のおばさんが家でシャワーを浴びています。名前と年齢も1コマ目に出ていたように思います。

気持ち良さげに浴びています。

3コマ目で展開があります。お尻に付着していたものを発見。トイレットペーパーの小さな塊です。指先で弾いて洗い流します。

4コマ目で何事もなかったかのように、ふたたび気持ち良さそうに浴び続ける場面でむすびとなります。

この4コマ漫画に米国人留学生は反応したというのです。しかも「これはいかにも日本的だ」と。

日本的だといいつつも、ウケる。反応するということは米国人も日本人も同じような共鳴装置があるのでしょう。きっと経験もあるのでしょう。

ただし、通常の出来事をネタとして認識することは困難です。言語化することは至難といえます。

わかるということと言語化することは別次元の話なのです。

松尾芭蕉の「古池や蛙飛びこむ水の音」の句は多くの人がそのいわんとすることを感じます。でも、常人は言語化できない。

人がふだん認識していないものをネタとしていかに表象させ、かつ、共鳴装置に響かせる言語として表すことができるか。

そこに常人と奇人との違いがあるのでしょう。「星々のつぶやき」の挑戦もまたここにあります。


(昨日と同じような写真です)

「美味しい」と心の底から感じた思い出は、これまで生涯で3回ほどあります。1回目は中学3年生のとき。2回目は大学1年生、そして3回目は4年生のときです。

中体連(卓球)東北大会の会場は岩手県大船渡市でした。大会数日前から高熱を発し学校を休んでいました。

が、私が出場しないと団体戦が成立しないため、熱を帯びたまま両親の看護のもと大船渡に向かいました。

数日間、食欲がなくほとんど食事をしませんでした。一ノ関から大船渡線に乗り換えました。

車中でどういうわけか、なめこ汁が販売されていました。なめこ汁なら飲めそうな気がし、母に頼んで注文。

なめこ汁を口にした瞬間、こんな美味しいなめこ汁があるのか、と思うほど。まさに五臓六腑になめこ汁が染み渡りました。

大船渡駅前の喫茶店で食べた塩味の利いたトマトサンドイッチも忘れられません。ずいぶんと体力が復活したような気がしました。

でも、試合は負けました。

美味しい思い出の2回目は、お金がなく2日間、食事をしていなかったときのことです。母親が手作りの梅干を寮に送ってくれました。

さっそくご飯を炊いて、その梅干で食べました。この世にこんな美味しい梅干があったのか、と感動すら覚えました。

最後の美味しい思い出は大学4年生のとき、タイ留学中での出来事です。

南部のソンクラー県ハジャイを旅したとき、宿泊先で日本人の駐在員と出会いました。大手缶詰メーカーに勤めているという。

翌日、ハジャイ市内のシーチキン製造工場に案内してもらいました。

ブラックライトの下で女性の従業員が手作業で小骨を取り除いていました。骨は紫外線に当たると発光するのです。

できたてのシーチキン缶詰をその場でいただきました。もう、ぎゃお〜っと叫びたいほどの美味しさでした。できたてはまったく違うのです。

ぬめっとした生気を失ったいつものシーチキンとは似ても似つかぬ味わい。シーチキンとは別物だと感じました。

というわけで、以上が生涯で美味しいと心の底から感じた思い出の陳述でした。

最後の思い出からかれこれ30年が経過しようとしています。「飢餓状態」が美味しさのポイントなのだろうことは薄々わかってきました。


(玄関を出て北側を見たら気持ちのよい空でした)

私はよくドジを踏みます。だいたいにおいて液体関連のドジが多い。

ファミリーマートでトイレを借りました。小用専用もあり他のコンビニと比してお手洗いが充実しているのがファミマです。清潔で広い。

小用を済ませ、ウェスタン風(両扉ではありませんが)のドアを開けて出ました。手を洗おうと手洗い場の左脇の狭いスペースに弁当箱を入れたバッグを置きました。

タイ製のピントーという鉄製の弁当箱で重量があります。

プシュっと押して泡状の石けん水を出しました。手に擦り付けようとしたそのとき、弁当箱のバッグのバランスが崩れ、落ちかけました。

手は泡だらけです。どうする。瞬時に脳が回転。

とっさに左の腰を壁側に振り、落下する弁当箱を壁との間に押さえ込みました。無事、弁当箱落下の食い止めに成功。

ホッとしたのもつかの間。ふと股間を見ると泡が付いているではないですか。一連の動作で遠心力が発生し手に付いていた泡が飛散したようです。

まるでモリアオガエルの卵塊のようです。

ま、きょうは一勝一敗ということで慰めることとしましょう。

じつはきょう一つ勉強になったことがあります。いえ、たいしたことではありません。

銀行の自動預払機(ATM)で10千円と入力すると千円札が10枚出てくることを知りました。

モリアオガエルの卵を被りましたがなんだか嬉しい日になりました。

人間がちっちぇーって自分でも思います。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM