(沈思黙考のひととき。アリオスにて)

右の鎖骨の下が痒い」で右の鎖骨の下の痒みが続いていることを述べました。

先日、もう痒くてたまらず脳の奥の方まで不快感が嵩じるに至り、ついに皮膚科に行くべきか迷いました。

でも、皮膚科は異常なほど混んでいます。新患の受付を制限しているクリニックもあります。受診は気が進みません。

加えて、私は過信していました。

人間には本来自然治癒力というものが備わっている。医療というものはその治癒力を補助するに過ぎない、と。

ですから、この痒みも掻かずに我慢していれば、やがて収束するだろうとたかをくくっていました。

ところが、痒い箇所が右の鎖骨の下から鎖骨の上部にまで領域を拡大するにつけいよいよ忍耐の限界に近づいてきました。

掻かずにいると痒みのことばかり気になります。さらに、痒みとは関係のない便意にまで影響を及ぼすようになってきました。

身体とは摩訶不思議です。神経というのはネットワークで構成されているという。痒みも便意もどこかで繋がっているのでしょうね。

というわけで、市販薬を求めるためツルハドラッグに行きました。

皮膚の痒みを抑える薬のあるわあるわ。世の中、痒い人がさぞたくさんいるのでしょう。どの薬がいいのかさっぱりわかりません。

そもそも、まずもって“鎖骨付近皮膚炎”の原因がわかりません。とにかく痒い。ただ、四六時中痒いわけではないのが不思議です。

えいやって感じで一つの薬を選びました。抗炎症剤入りという能書きに惹かれました。税込み1000円未満という価格も魅力的です。

塗った瞬間、清涼感とかそういった劇的な変化はありませんでした。

ところが、徐々に痒みが収まり、ついに数日経っても痒くならない。そして1週間が経過。痒みは再発していません。

たった一塗りで収まってしまいました。治癒したのか、あるいは感覚が麻痺しただけなのか、なんだかわかりませんが、とにかく薬のすごさを実感した体験でした。


(田植え前の田んぼが好きです)

このところ右の鎖骨の下の皮膚が痒くてたまらない。寝る前や通勤時に特に痒みが強くなります。

徒歩で通勤していることを考えれば、おそらく痒みは体温上昇と関係があるのでしょう。痒いときとそうでないときの差が激しく、不思議な症状です。

いつの間にか鎖骨の下から肩峰(けんぽう)にかけての皮膚が赤褐色に変色し、肌触りもかさかさとしています。

皮膚科で診てもらうべきなのでしょうけど、市内の皮膚科はどこも混雑しています。新規外来を抑制しているクリニックもあります。

半日、いや一日がかりを覚悟する必要がありそうです。

ところで、ずいぶん前にいまは亡きO先生に右の脛(すね)の痒みを診てもらいました。

「先生、どうしてこんなところが痒くなるのでしょうか」

「なんでだろうねぇ」

先生に「なんでだろうねぇ」といわれたとき、なんともいえない温かいものが心の中に流れました。

私たちは受診した際、当然のこととして医師に解決策(解答)を求めます。一方で心の中では悩みへの共感も求めていることに私は気が付きました。


(春宵一刻値千金)

O先生は私の痒みの悩みを共有してくれたと私は感じました。少なくとも共有しようとしてくれている心が伝わってきました。

仕事において職責の上から私はスタッフから様々な困りごと・相談ごとを持ち掛けられます。その際、私の大脳は即座に解決策を考え、解答を与えてしまいます。

もちろん、即断即決をしなければならないケースもあります。

でも、と思うのです。O先生と同じような目線を持ってスタッフと同じ立ち位置でいったんは悩みを共有する心の余裕も持ちたいものである、と。

あるいは、君はどう思う?と委ねることも必要かと。

というわけで、連休に入り皮膚科は休診となるので、皮膚病に効能があるとされる楢葉町の天神岬温泉「しおかぜ荘」に行ってみようと思います。

皮膚病に良いとされる温泉。よく考えれば、そういう目的の人が集まる場所なんですよね。気にしない、気にしない。


(弁当作りは大変。既製品は使わないことを信条としています)

職場の人間ドックの定員がオーバーして今年はドックを受診しません。でも、胃カメラだけはクリニックで飲むことにしました。

前日の夜は早めに食事を済ませました。体調もあまり良くなく午後10時過ぎに就寝。

翌朝は5時過ぎに起きて朝食と息子の弁当作りを始めました。

弁当作りというものは、気乗りのしない作業です。そのうえ、子どもがなかなか起きてこない。自分の身支度もしないといけない。

子どもが起きてきたと思ったら、学校の集金袋をぬっと渡される。親はいつでもお金があると思っているのでしょう。

ともあれ、弁当を作っている全国のお母さん、お父さんに対し尊崇の念が込み上げてきます。

気乗りしないがゆえに、私の場合、弁当作りの一連の作業は大脳を経由せず脊髄反射で行われます。

買い置きしておいたミニトマトが傷んでいるように見えました。

私の父親がかつてやっていたようにまずにおいを嗅いでみます。

何もにおいません。悪くなっているのかどうかわからない。水分が揮発したのでしょうか。わずかにシワが寄っています。

ちなみにミニトマトはスーパーでは1カップ298円で売られていることが多い。決して安くはない。この時期、熊本産のものをよく見かけます。

1個口にしてみました。大丈夫です。美味しくはありませんが問題ありません。

弁当を作り、自身の着替えを済ませて歯磨きをしました。

なぜか歯ブラシが血の色に染まっています。出血したのか。一体どうしたのだろう。

あっ!なんたることか。

ここでようやくミニトマトを食べたことに気づきました。これから胃カメラ検査を受けるにもかかわらず、食べ物を胃に入れてしまいました。

ほぞを噛む思いとはこのこと。じつに不甲斐ない。

クリニックで尋ねました。

「けさミニトマトを1個食べてしまったんですけどダメですか。1個だけです」

「ダメです。次の予約をしてください」

頭では胃カメラ検査があるとわかっていたはず。

にもかかわらず、弁当作りを脊髄反射(オートパイロット)でやっていたばかりにミニトマトを意図せず食べてしまったのです。

「よくあることですよ」

果たしてよくあることなのか。看護師さんになぐさめられつつクリニックを後にしました。

ここで一句。

如月の出鼻をくじくミニトマト


(ふれあい弁当デー。息子と自分の分を作りました)

タイのハーブティー「バタフライピー」が人気だという。まるで硫酸銅水溶液のようなきれいな青色。

タイ語で「アンチャン」と称するマメ科の植物。アンチエイジングや薄毛にも効果があり、抽出液を塗ると濃くなるとか。

私も若かりしころのアンチャンに戻りたい。

閑話休題。「逆流性食道炎のこと(3)」のつづきです。

私は、逆流性食道炎の薬を十数年以上飲んできました。毎月、病院に行って、5秒で終わる診断。

「どうですか」

「変わりないです」

「じゃ、いつもの出しておきますね」

薬局でも同じような会話。

「どうですか」

「変わりないです」

「私(薬剤師)も逆流性食道炎なんですけど、これがないと2日ともたないんです。困っちゃいますね」

薬局さんは困らないんじゃないかなと思いつつ、被保険者の負担分(3割)を支払いを済ませます。残りの7割は、誰かのお世話になっているんだよなと、いつも思います。


(バタフライピーティー)

薬といっても逆流性食道炎の原因を根治する薬ではなく、胃酸を抑える対症療法です。

今後もずっと飲み続けるのは憂鬱だし、お金もかかる。なんとかならないものか、と思いました。

栄養士の友人の助言を受けながら、次のことを実践すると腹を決めました。

(1)胃酸が過剰に出ないような食事をする。要するに、胃に負担がかからないような食べ物を摂取し、そういった食べた方を実践する。

(2)内臓脂肪を減らし、胃の底から上方への圧力を軽減する。つまり、ダイエットをする。

かれこれ、この2項目を3か月実践しています。

咀嚼(そしゃく)を50回以上。胃が困惑するほどペースト状になるまで噛み続けます。最近は100回近く噛むこともあります。

大好きなチョコレートやアイスクリームも控えています。なかば依存症と化していた食後のポテトチップは完全に断ち切りました。

実践し始めて2か月目のときに薬を止めてみました。

残念ながら、だめでした。

かの薬剤師さんと同じです。もう2日目には胃もたれ感とゲップの頻発。

どうしてなのか。

3日目も、4日目も同じなのだろうか。がまんして飲まずにいると、いっそう悪化するのだろうか。

(つづく)


(潮風が気持ちいい)

ふらっと楢葉町天神岬の温泉(しおかぜ荘)に行きました。肌がつるつると感じる、黒褐色の塩化物泉。ウーロン茶のようです。

受付で700円を払い浴場に向かいました。途中、休憩室脇に整体コーナーがあることを視認。

30分で2700円、60分で5300円。湯上りの整体が大好きです。1時間コースも捨てがたいが高い。

脱衣場で服を脱ぎ、まずは体重計です。

この古典的な体重計。身長178センチの目線からは目盛りが判別困難です。鋭角に見下ろすため、正確な値が読み取れない。


(震度2の揺れで蹲踞)

100グラム単位が死活問題なのです。

しかたなく、体重計の上で蹲踞(そんきょ)の姿勢を取って目盛りとにらめっこ。

ぷるぷる震えて、これまた、よくわかりません。五十路間近の身としては、恥ずかしい姿勢です。

恥辱を越えて初めて無我の境地に達するのだといい聞かせます。

針の振れ幅を勘案すると、69.5kgのようです。数か月前まで77kgを超えていたことを思うと夢のよう。

私流「よく噛むダイエット」が有効であることを確認。一口50回は噛んでいます。

ところで、トランクス(下着)を新調したことに気づくのが、トイレでの小用の際。あの小用ための前面のボタンは、いったいなんのためにあるのか。

いったん外したら、もう二度と締めません。開かずの扉ならぬ、閉めずの扉。

さて、浴場内に進みます。ほとんど人がいません。

身体と頭を洗い、露天風呂に直行。ウーロン茶色の温泉が肌にじわ〜っと沁みわたります。

潮騒(しおさい)がかすかに聞こえてくる露天風呂。脳内がアルファ波で満たされていきます。


(最近見かける花です。タンポポではない)

さて、湯上り後の整体をどうするか、です。

はずれたら嫌だなということで、今回は30分コースに決定。揉み方は人によって当たりはずれがあるからです。

露天風呂のあとはサウナ。

室(むろ)に先客がいる場合は、先客より早く退出しないことを己に課しています。サウナで克己心を養うのです。

サウナに入りながら、先日の日経新聞に掲載されていた「スマート・シュリンク(smart shrink)」について思念を集中。

人口減少を食い止めるという政策から、減少を前提とした賢い縮小策に切り替える。そんな話だったと思います。

「戦い」においては前進より退却が難しいといわれます。はたしてスマート・シュリンクは実現できるのか。

冷水風呂で縮こまりながら考えました。が、いつものようになんの結論も出ませんでした。

というわけで、湯上りの整体は当たりでした。1時間コースにすればよかった。後悔先に立たず。

来月は、高原のいで湯「かわうちの湯」に行く予定です。なかなか釣れない近くのイワナの釣堀がこれまた楽しい。カッと血が上ります。


(美味しそうです)

高校2年生のときから通う理髪店のマスターの言葉にわが耳を疑いました。

「右側が円形脱毛症になっていますよ。一円玉ほどの大きさですけど」

「えっ!?本当ですか」

「この感じでは1か月くらい前にできた感じですね。この1か月でなにかストレスになることありましたか」

「ストレス...。そうですね。仕事でもストレスがないですし、あっ、あります。おやつです」

そうです。

私は8月から大好きなポテトチップスをはじめとするスナック菓子やプリンなどのスイーツを絶っているのです。

そのストレスたるや、大きなものがあったに違いありません。

牛乳についても、毎日「明治のおいしい牛乳」をごくごく飲んでいました。が、脱乳、いや、いまや卒乳してしまいました。

あれほど大好きだったポテトチップス。限定商品が出ると商品棚の前で目を輝かせていた私。

8月に発売されたカルビーの新商品。「ポテトチップス黒いコンソメ味」や「ポテトチップス濃い味ガーリックチーズ味」、「堅あげポテト匠味炙り牛とわさび味」、「ピザポテトサーモン&チーズPizza」。

それらが私を呼んでいるかのよう。幻聴でしょうか。

じつはコンビニのプリンコーナーも激戦区です。毎週のように新商品が並びます。

新たに投入されるプリンを食べるたびに私は幸福感に満たされていました。SNSでも「プリン部」というグループに所属しています。

いまやそれらすべてを、断じ、捨て、離れました。

最近、スーパーやコンビニのスイーツのコーナーの前でじっと佇むことが増えました。かつての盟友を慈しむかのようにじっと見つめてしまいます。

しかし、思いを断ち切り、私は、きびすを返します。

そして、来し方を省みる私。

いかにむさぼるようにポテチを食べてきたか。

いかに飲み込むようにプリンを食べてきたか。いわば“特定食べ物依存症”となっていたのです。

さて、これからどうするか、です。

千丈の堤も蟻の穴より崩れる。

そう、ここで、甘いものに甘い対応をしたら最後、蟻地獄が待っています。

というわけで、「円形脱毛症VS.おやつ」の壮絶な戦いの幕が切って落とされました。

「おやつ」であって「おやじ」ではありません。


(親友にいただいたホオズキ)

母は、がんになったとき、「がんと友達になるのだ」といっていました。逆流性食道炎は私の旅の道連れのようなもの。

仲良く付き合っていこうと思います。

さて、「逆流性食道炎のこと(2)」において、逆流の原因は、食道の下部括約筋の締りがよくないことにある。そう述べました。

下部括約筋を緩めるものは、まず加齢による筋力の衰え。加えて、食事にも原因があります。

まず、アルコールがよくない。アルコールは食道下部括約筋の機能を低下させ、緩めてしまいます。

また、アルコールには胃酸を分泌する働きもあります。

さらに、炭酸飲料水はゲップを出しやすく、胃酸の逆流を生じさせるという。

つまり、ビールはいちばん避けなければならないものだったのです。五十路を目前にしてようやく私は気づきました。

胃酸の分泌といえば、過剰に胃酸を分泌させる食べ物には次のようなものがあります。

脂肪分の多い食材や油を多く使った物。

チョコレートやケーキなどの甘味料が多く使用されているもの。

酢やオレンジジュースなどの柑橘系。

香辛料など刺激が強いもの。そして、紅茶、コーヒー、緑茶などのカフェインを含むもの。

これらのほとんどが私の好物。この事実を知って私は、軽いショックと反省と決意を混合した思いを抱きました。

かねてから私は説いてきました。人生の幸福の8割は「食」の楽しみで占められている、と。

これから何年生きるのかわかりません。両親は50代半ばで此岸から彼岸に渡りました。

であるならば、選択はY字路のごとくです。

食道のポロロッカ※と付き合いながら美味いものを食べつづけていくか。

あるいは、ポロロッカを制し、精進料理のような食べ物で満足していくか。


(六花亭は美味しい)

というわけで、朝、職場のスタッフから北海道旅行のお土産にいただいた 六花亭製菓の「マルセイバターケーキ」。

いまだに見つめています。これ、大好きなんです。


※ポロロッカ:潮の干満によって起こるアマゾン川を逆流する潮流。


(空を見上げると嫌なことが薄らぎます)

意思が弱いことは承知の上です。でも、挑戦してみようと思いました。スナック菓子、スイーツを絶対に食べない。とにかく手にしない。お菓子断食です。

職場の机の上。比較的整頓されています。

そこにお土産のお菓子や差し入れの饅頭などがまるで盆棚のように置かれていきます。割り箸を挿したナスとキュウリを置けば立派な盆飾りです。

毎日、平均して3つほどお菓子が供えられます。もったいないと思い、いや、正直にいえば食べたくて、以前の私はそれらを平らげていました。

生前、父が重い病に伏していたとき、お見舞いでお菓子をいただくことがありました。血液の病気を患っていた父には食べさせてはならないものでした。

あとで隠そうと思って少し目を離したすきに父はカメレオンの舌のように饅頭を手で取り、ぱくっと口に入れていました。父に注意すると子どもが叱られたような顔をしていました。

いま思えば、好きなだけ食べさせてあげればよかった。

隠れて後ろめたさを感じながらではなく、食べたいという気持ち全開で食べさせればよかった。後悔しています。


(もうすぐ実りの秋です)

さて、お菓子断食を実践して数か月。案外やれるものだ。そう思いました。

私は週に数回はポテトチップスを食べていました。ポテトチップスを食べると食べた枚数分、ストレスが発散するような気がしたものです。

カルビーの期間限定ものが大好きです。誘蛾灯に誘引される害虫のように私はポテチを物色していました。

コンビニのポテチコーナー前で目を輝かせていた私。

いまや見向きもしません。いや、見向きはします。きょうもファミマのスイーツコーナーの前でじっと佇んでいました。

お菓子と併せて私は牛乳もやめました。「明治のおいしい牛乳」を愛飲していました。が、断乳しました。

2か月で5kg減量できました。これまで蹴ったり雑な扱いをしてきたタニタの体重計に優しく対するようになりました。

最近、水ようかんのプールで泳ぐという妄想が頭から離れません。大丈夫でしょうか。


(暁の空)

逆流性食道炎(1)」において、この1年で逆流性食道炎を治してみせる。塩屋埼灯台でそう決意したことをお伝えしました。

逆流性食道炎とは、食道の下部括約筋が緩むことによって強酸性の胃酸が食道を逆流し、炎症を起こす症状です。胃酸が過多であることも原因の一つ。

逆流性食道炎は、生活習慣、特に食生活に起因しています。

私の食生活の何が問題なのか。

孫子曰く「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず 」。

逆流性食道炎という敵を知り、そしてそれを引き起こしている自分のことを知る。そこにこそ、この勝敗は決せられる。

今号以降、複数回にわたり、「彼を知り己を知る」。つまり、戦略を練るにあたって一番重要な「知る」ということに傾注したい。

しかし、それにしても、身体というものは、上から下まで括約筋にお世話になっていることを改めて感じます。

括約筋の活躍なくして人間の活躍なし。「括約筋よ、もっと活躍せよ」と祈るような思いです。

括約筋は、今後ますます注目される筋肉になるでしょう。

だいこんくん著『括約筋はこうやって鍛えろ』や『括約筋の活躍なくして人間の活躍なし』などが書店店頭に並ぶ日も近いかも...。

さて、なぜ、食道の下部括約筋は弛緩するのか。

一つには、加齢による筋肉の衰えです。悲しいですけど、直視しなければなりません。

最近のことです。加齢といえば、山崎豊子著『華麗なる一族』を『加齢なる一族』と思い違えることがあります。

山崎豊子さんについては「『追悼 山崎豊子展』に心打たれる」を参照ください。いま読むと、海鮮丼やらケーキやら逆流性食道炎をあおるような食事ばかりしています。

食道の下部括約筋に話を戻します。

下部括約筋を緩めるものは、加齢によるものに加え、食事にもあったのです。

では、いったいどのような食事が弛緩材になっているのか、次号で述べたいと思います。


(灯台の小窓から太平洋を望む)

ふらっと塩屋埼灯台に来ました。思い出の場所です。朝の開場一番に上がりました。螺旋階段を登る私一人の足音だけが響きます。

灯台の中は、照明のある頂まで103の階段があります。こつこつと登りながら、私はあることを思いました。


(屹立した姿が好きです)

あることとは、生活習慣病についてです。

生活習慣病を治すのもこの階段と同じではないか。一つ一つの改善の積み重ねでしか、目標は到達し得ないのではないか、と。

私は逆流性食道炎を長年患っています。生活習慣病の一種です。どんな症状なのか。

胃酸や十二指腸液が、食道に逆流することで、食道の粘膜を刺激し粘膜に糜爛・炎症を引きおこすものです。(出典:ウィキペディア)

薬により炎症そのものは抑えられています。が、数日飲み忘れるととたんに胃の調子が悪くなります。

10数年通うかかりつけのクリニックでのドクターとの会話は極めて短い。

「どうですか」

「変わりありません」

「じゃ、いつもの出しておきますね」

「はい」


(ここで決意しました)

逆流性食道炎は薬での根治はできません。食生活の改善しかないことを友人の栄養士にアドバイスされました。

ところで、そもそも、胃酸や十二指腸液がなぜ食道に逆流するのか。

直接的な原因は、簡単にいってしまうと胃酸過多と食道の下部括約筋が緩むことにあります。

強酸性の液体の量が多いことと、食道に逆流しないよう締め付ける役割をする下部括約筋がうまく働かないことなのです。


(階段が103段あります)

括約筋といえば、時折危機に見舞われ、「星々のつぶやき」でもたびたび取り上げる直腸の括約筋しか思いつきませんでした。

私という身体は、括約筋が鬼門なのだとつくづく感じます。

なぜ、胃酸過多になるのか、下部括約筋が緩むのか。これは生活習慣に根差したクセが悪さをしています。

私の食生活の何が問題なのか次号で述べたいと思います。

この1年で逆流性食道炎を治してみせる。灯台のてっぺんに立って私は決意を固めました。

食道の括約筋が解決したあかつきにはもう一つの括約筋の強化に取り組みたい。そう腹を決めました。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM