(新政府軍は海からやって来ました)

逆行催眠あるいは退行催眠にあこがれた時期がありました。自分の過去はどのようだったのだろう、と。

退行催眠は、出生を通り越して、前世の自分を垣間見ることができるという。記憶の奥底をたどることによって前世の記憶が蘇るのだそうです。

ところが、長じるにつれて退行催眠への憧憬は薄らいでいきました。人類の歴史を知れば知るほど、殺し合いがあまりにも多いことに気づいたからです。

私自身、加害者・被害者、双方ともになっていた可能性があります。刀を振るってずばっとやっていたかもしれないですし、背後から突き刺されていたかもしれません。

先日、6回連続講座の「いわきの『戊辰戦争』」第4回に参加しました。今回のテーマは「笠間藩神谷陣屋の受難 〜中神谷から薬王寺、八茎へ〜」です。

初めて知りました。現在のいわき市域の人々が新政府軍と旧幕府軍とに分かれて相争い、殺し合ったことを。

これまでの私の理解は、単純に新政府軍が北茨城の平潟港から上陸し、平城を攻めに来たとばかり思っていました。

違っていたのですね。あまりにも単純でした。浅学を恥ずるのみです。

当時、市北部には笠間藩の飛び地があり、同藩の神谷(かべや)陣屋がありました。大雑把に言えば、夏井川の北側が笠間藩領、そして南側が磐城平藩領です。

笠間藩本藩の牧野家は新政府軍に恭順の意を示していました。奥州越列藩同盟に属する磐城平藩にとっては敵ということになります。

150年前、この地で、言うなれば“市民戦争”が行われたのです。

毎日、通勤で歩いているこの地は、じつは死屍累々の血塗られた戦場だったのです。

鼻歌を歌いながら、ほろ酔い気分で歩くこの道にも凄惨な歴史が留められているのです。

私は知っています。たまに待ち合わせに使う、あの角の薬局が刑場跡だったことも。

というわけで、きょうの教訓です。

知ることも大事、知らぬことも大事。


(夏草と水路は似合う)

涙もろくなった。そんな言葉を加齢現象として聞くことがあります。私も以前よりエモーショナルになったと思います。

歴史講座「いわきの戊辰戦争」(全6回)の第3回講座を聴講。

新政府軍側、奥羽越列藩同盟側の藩士の記した文書を紐解きながら、合戦の様子を生き生きと語る講師に魅了されました。

地元で起きたことなのに知らないことばかりです。

仙台藩は軍艦で小名浜に藩士を送りました。記録によれば少なくとも460名、講師によれば1000名ほどいたのではないかとのこと。

最初の激突は現在の小名浜南富岡。二ツ橋の戦いです。

新政府軍の圧倒的な火力により仙台藩士は撃たれるままだったという。仙台藩の記録では72名が死亡。仙台藩の兵は小名浜に向かって潰走(かいそう)。

磐城平藩士の文書では「敵勢」と新政府軍を呼んでいるのに対し、薩摩藩士や佐土原藩士の記録には奥羽越列藩同盟側を「賊徒」あるいは、単に「賊」と記していることに悲しみを覚えます。

平和な江戸時代265年。その終わりに突如、穏やかな風土の東北南部で戦いが繰り広げられたのです。

仙台藩士が72名も殺害されたことに地元の小名浜の人々は驚き恐怖におののいたことは想像に難くありません。亡骸を懇ろに葬ったという。

二ツ橋のたもとに「仙台塚」があると教えられました。

家人に講座のあらましを伝えました。

「たった150年前にこのいわきの地で仙台の人が72人も殺されたんだって。親やあるいは奥さん、子どももいただろうに。仙台塚に供養に行ってこようと思う」

「150年も前でしょ。日本はずっと戦(いくさ)ばかりやってたんでしょ。関ヶ原の戦いとか」

「江戸時代は平穏だったんだよ。それが突然、戦争が起きて、仙台の人がここに来て死んじゃったんだよ。可哀想で可哀想で」

「昔はそういうの当たり前だったんじゃないの」

「.....」

今も昔も分かり合えない者同士で起きる政治の延長戦。それが戦争である。


(六本木。近くに稲川会の本部があります。今回のブログは真面目です)

この季節、蚊に刺されるのが嫌でたまりません。そんなとき、ふと、名曲「掻きたくてしかたない」をYouTubeで聞きます。

すると、あの憎々しい蚊に対して一重深い思いやりを持つことが出来ます。

さて、天皇のお出かけを行幸(ぎょうこう)と言います。

明治維新の際、当初、政府は大坂遷都を考えました。しかし、公家や宮中、京都市民などの反対に遭い、40日余りの大坂滞在という行幸(お出かけ)に留めました。
 
次に、明治政府内で東西両都案が浮上し、江戸を東京と称することにしました。

明治天皇は明治元年9月に京都を出発して10月に東京に行幸。そして、明治元年12月に京都に還幸(お戻り)。明治2年3月に東京へ再度行幸。

その際、京都から東京へ遷都するのではないかと京都・大坂の人々の間で動揺が大きくなり、政府は人々に遷都ではないと訴えました。

しかし、明治4年までに首都機能が東京に移転。当初京都で予定していた大嘗祭も同年11月に東京で行うことが発表されました。

明治5月5月、天皇が京都に戻る際、「還幸」ではなく「行幸」と称するようになりました。

結局、政府は都を東京に移すとは一言も言わず今日に至っています。かと言って、京都に戻る(還幸)という表現も使わなくなりました。

京都は公家や政府関係者が東京に移ったことで人口が激減。疲弊していきました。

京都市長の門川大作氏は講演でこのように述べています。

明治維新は、実は京都にとって危機だった。天皇は東京へと行かれ、人口もかなり減少した。しかし、京都の人々はまちづくりとして、子供をしっかりと育てれば大丈夫と考え、そして地域に学校をつくるようにした。

その時、かまどの数に応じて、学校を建設するための費用を出し合ったのである。時に、1869(明治2)年のことで、明治政府が学校制度をつくる1872(明治5)年よりも早かった。そして、私が思うに、この精神が京都を支えてきたのだと思う。


このように、京都の町衆は、竈のある家はすべて「竈金(かまどきん)」と呼ばれるお金を出し合い、日本最初の64の地域制小学校を創設したのです。

地域が危機に瀕したときになにをなすべきか。京都の「竈金の精神」は私たちに大切なことを教えてくれます。


にょっぽりと秋の空なる富士の山

松尾芭蕉と並ぶ俳人で「東の芭蕉、西の鬼貫」と言われた上島鬼貫(うえしま・おにつら)の代表的な句です。

このように擬声語をたくみに使えたらいいですね。

鬼貫の出身地・伊丹市は国の構造改革特別区域「『読む・書く・話す・聞く』ことば文化都市伊丹特区」の認定を受けています。

同市のホームページには投句コーナーがあり、全国から毎月応募がありました。私も投句してきましたが、このほどコーナーが終了してしまいました。

選者の朝妻力先生に厚くお礼申し上げたいと思います。

何度か特選に選んでいただきました。

「感想」は朝妻先生のお言葉です。


2013年4月
テーマ「石鹸玉(しゃぼんだま)」
【特選】石鹸玉百パーセント僕の息
【感想】この作品も私ども俳人が思っている石鹸玉の概念をがらりと変えました。「僕の息」、生きている喜びが感じられます。

2013年5月
テーマ「牡丹(ぼうたん・牡丹園・白牡丹)」
【特選】暁闇の垣根に浮かぶ白牡丹
【感想】暁闇は朝のまだ暗さの残っている時刻。白が際立ちます。

2013年9月
テーマ「残暑(残る暑さ・秋暑し・秋暑)」
【特選】秋暑し雨後の陽に照る石畳
※この作品はコミュニティ放送局「ハッピーエフエムいたみ」でも取り上げていただきました。

2013年12月
テーマ「冬日和・冬晴・冬麗(ふゆうらら)・冬麗(とうれい)」
【特選】冬うらら船べり洗ふ波の音


むすびにだいこんくんの句。

峰雲の飛行機追ふや目に泪
花水木紅白咲かす宮ノ前


以前から気になっているのがこの「天竺集会所」です。どのような由来でロマンあふれる名称になったのでしょう。

天竺といえば、西遊記。

玄奘三蔵が孫悟空、猪八戒、沙悟浄を供にしたがえ、苦難を乗り越え天竺へ目指す物語です。

なお、三蔵法師というのは、経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に通じている法師を意味する一般名詞。のちに訳経僧を指すようにもなりました。

もう一人有名な三蔵法師に鳩摩羅什(くまらじゅう)がいます。

鳩摩羅什の父は鳩摩(羅)炎(くまらえん)といいインドの名門貴族出身。母は亀茲国(現在のウイグル自治区クチャ)の国王の妹のジーヴァカ。

学生時代に鳩摩羅什のことを友人に話したことがあります。

「鳩摩羅什のお父さんは鳩摩羅炎で...」といったら、友人は「お父さんは病気だったんだ」と反応したことを覚えています。肋膜炎か腹膜炎にでもなったと思ったのでしょう。

鳩摩羅什は母とともに幼いころに出家。その後、訳経僧を目指すものの、母国が敵に攻められ捕虜に。

その後、幽閉されたり戦乱に巻き込まれるなど、囚われの身となりながらも才能を認められ軍師として活躍。50歳を過ぎてようやく長安に移ります。ただちに長年の夢であった訳経に猛然と取りかかり60歳に至る前に死去。

このあたりは、隠居してから50歳のときに暦学の師の下に弟子入りし、その後地図製作に取り組んだ伊能忠敬と重なります。

法華経に「私はあなたを尊敬します。仏になる素晴らしい方だからです」と言いながら礼拝を行ずる菩薩が描かれています。しかし、返って人々から石や杖を投げつけられつねにバカにされていました。

サンスクリット語原本では「つねに軽んじられていた菩薩」となっているのですが、鳩摩羅什は漢訳にあたり「つねに軽んじなかった菩薩(常不軽菩薩)」としています。

このコペルニクス的転回に鳩摩羅什の波瀾万丈の人生が凝縮されていると私は思うのです。


(職場から見た夕日)

先日のデザイン書道家のT先生と漢字をめぐっての対話から。

「先生、もともと漢字を作ったのは支配階級でしょうか、民でしょうか」

「支配階級です」

「民」といえば、数年前に受講した東京財団週末学校で「民」という字は目を針で一刺した字形だと教えられました。

Wikipediaでは次のように説明しています。

象形。眼(瞳の無い眼)を針で突き刺すさまを描いたもので、眼を針で突いて視力を喪失させることで自由を奪い取った人、すなわち「奴隷」を表した。これがのち、目の見えない人のように物事のわからない多くの人々、支配下に置かれる人々の意味に変わった。

この「民」の字の成り立ちのことを聞いたとき、私は谷崎潤一郎著『春琴抄』の一場面を思い浮かべました。

顔にやけどを負った三味線奏者の春琴が丁稚の佐助に顔を見られるのを嫌がり、それを慮った佐助が自分の目を針で刺すという場面です。痛そうですね。

漢字にはこわい字形が少なからずあります。

例えば、県の旧字「縣」は右側の系が糸の意味、左側の県は首がぶら下がっている様を表しており、木にひもで首を逆さまにぶら下げている姿なのだそうです。だから、縣は“かかる”とも読むんですね。

県の下の「小」はもともとは「巛」で髪が垂れ下がっている様子を表しています。

自分でこわいことを書きながら、今宵悪夢に魘(うな)されるのではと、物怖じするだいこんくんなのでした。

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM