(「区内町御用達」--- 徒歩での移動はこんな発見も)

駅のベンチであふれる涙を押さえながら読みました。大津秀一著『死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33』(2017年、幻冬舎新書)を読了。

緩和医の著者の言葉に心が洗われる思いがしました。

土曜日の午前中。要約筆記者養成講座の開講式であいさつをする仕事がありました。

住まいの最寄りの小川郷駅から単線のディーゼルカーに乗り、いわき駅からは電車で、湯本駅に向かいました。

湯本駅から徒歩10分のところに会場があります。

鉄路での移動中も読書を続けました。

正午前に会場をあとにし湯本駅前の沖縄料理店「A家食堂」で昼食。食べながらも読みました。


(ランチ定食。炭水化物の重ね食いに心躍ります。13時の方向にサーターアンダーギーが見えます)

沖縄そばに入れた島とうがらしが余計に涙腺を刺激します。ティッシューなしでは読み続けることができなくなりました。

辛くなった口内の環境改善を図るため、 とうふ工房分家奈良屋湯本駅前店で豆乳アイスクリームを注文。

不器用を自覚している私。コーンではなくカップでお願いしました。

アイスクリームを食べながら読書を継続。ふつうなら、“ながら”食いをすると必ずといっていいほどアイスクリームを股間に垂らします。

が、今回は汚しませんでした。奇跡的です。

アイスクリームを食べ終え、上顎が冷えました。

駅のベンチで電車が来るまでの間、ふたたび読み続けました。そして、滂沱の涙とともに読み終えました。

50代でがんで亡くなった両親を思いながら本を閉じました。


(キーズカフェ。くつろぎのひととき)

中野民夫著『ファシリテーション革命 参加型の場づくりの技法』(2003年、岩波書店)を読んでの引用メモが2003年10月1日の日誌にあり、再読。

「世に『こうすべきだ』という理論やビジネス書は満ちているが、外からいくらアドバイスされても、組織自身が自ら学び続け変革しつづける組織になっていかない限り、大して役には立たない」

我が組織はどうなのか、考えること多々あり。

「世の問題は出尽くし、今必要なのは、どう取り組むかという『方法』だ。それも、義務感や倫理観だけでは動けない私たちが、自然とやる気になり自分の自己実現や満足にもつながるような方法が」

その「自然とやる気になり自己実現や満足にもつながる方法」−− それを探りたい。教えてほしい。私も求めています。

灯台下暗し。足下に泉があるのでしょうか。

「お説教ではなく、人間にとって『根源的な喜びを内包する方法』が求められている。『何を』よりも『いかに』やるかの方法やプロセスが大事なのだ」

ともすると、他地域で先進的な事例があると、その事業を導入してはどうか、と提案される。どうしても「何を」に注目が集まる。

本当は、どんな難題が降りかかっても喜々として取り組める組織を作ることこそが大切なのかもしれない、と思うのです。

「人は本来、関わりたいのではないだろうか。皆、根っから無気力なわけではない。やりがいがあり、楽しくて、自分が認められ、大切に扱われるなら、誰だって関わりたいのだ」

やはり、自尊感情や自己肯定感を組織内のメンバーに喚起することが肝要なのでしょうか。

ポテトチップスを絶って2か月余。少し難しいことを考えることができるようになりました。

プリンはたまにこっそりと食べています。

※「灯台下暗し」の「灯台」とは油の入った皿に芯を浸して火をともす燭台のこと。


(鉄塔の屹立した姿が好きです)

川口マーン惠美著『ヨーロッパから民主主義が消える』(PHP新書)を読みました。Amazon.co.jpの「ヨーロッパのエリアスタディ」で売れ筋ランキング1位の本です。

著者は、日本大学芸術学部音楽学科卒業。ドイツのシュトゥットガルト国立音楽大学大学院ピアノ科修了。シュトゥットガルト在住。

読み終えて、ある投稿者のカスタマーレビューに私も同じ感慨を持ちました。

「『ヨーロッパから民主主義が消える』というより、『ヨーロッパから”ヨーロッパ”(という一つの共同体概念)が消える』というほうが、今のEUの状況を適切に表しているのではないか」と。

EUの政策決定システムがかくも複雑であること、
EU内の豊かな国とそうでない国との確執が想像以上に大きいこと、
ギリシャが粉飾してまでなぜユーロというものを欲しがったかなどなど...
知らないことばかりでした。

国境線の内側に閉じこもる、理念とまるで矛書した加盟国の姿を目の当たりにし、著者は、ヨーロッパというものの行方末に懸念を抱きます。

いまヨーロッパは、難民とテロの流入によって、ベクトルの相異なるパワーが首をもたげ始めています。それは、分離独立という遠心力とナショナリズムという求心力です。

国境を越えて人が押し寄せてくる。そのとき民主主義は果たして保てるのか。

これは日本においても対岸の火事ではないと著者は警告します。

良書です。

デビュー作である『フセイン独裁下のイラクで暮らして』(草思社)も読んでみようと思います。


(ファミマで朝カフェ)

「読書百遍義自ずから見(あらわ)る」−− なぜか英語で表現するとわかりやすい。Repeated reading makes the meaning clear. そういうことか。

初読だと思って、読み進み、ほとんど終わりかけに再読だと気づくきょうこの頃。あれやこれや読むのはやめました。

感銘を受けた本を時間をおいて再読することに重点を移しています。

内田和成著『論点思考』(東洋経済新報社)は三読目。著者の魅力については、「牛の顔としっぽ」で触れています。

内田先生の講義を聴講したことがあります。とにかく余談がじつに面白い。余談の印象が強すぎてほとんど本論を覚えていないくらいです。

さて、三読目の『論点思考』から感銘を受けた箇所を4つピックアップしましょう。

「学校の勉強であれば、試験の出題者の出した問題を解けばいいので、どちらかといえば正しい解き方、あるいは効率的な問題の解き方が教育の中心になっている」

「問題を解き始める前に、問題のように見えるものから、真の問題を発見すること、解くべき問題を決めることだ」

「この真の問題、解くべき問題のことを『論点』という。そして論点を設定するという、問題解決の最上流に当たるプロセスが『論点思考』である」

「問題解決力というと、すでにある問題をいかに解決するばかりが注目される。でも実際には最初の問題設定がうまいから、鮮やかに解決できる。勝負は論点思考の巧拙で決まっているのである」

以上のような話を実際の講義で聞いたにもかかわらず、まったく記憶に残っていません。残念です。

問題を解く以前に何が本当に問題なのかを見抜く、設定する力。ぜひ身に付けたいものです。

いずれにしても、最近、記憶が薄れるというか、まったく記憶がないという事象が頻繁に発生し、厳しいものがあると思っています。

もしやエイリアンのせいではと疑っています。


(朝のカフェで読書)

朔立木著『終の信託』(ついのしんたく)をカフェで読了。読み進めるうちにストーリーの展開に身に覚えがあることに気づきました。このデジャヴ感は何からくるのだろう。

患者を安楽死させた疑いで呼吸器科の医師が告発されるという物語。

呼吸器科には深い思い出がある私です。

「星々のつぶやき」でも何度か触れています。30歳のときに肺がんの疑いで私は公立病院で気管支鏡を飲んでいます。

※「アンドロメダ星雲(上)」を参照。

気管支鏡検査は憲法第36条の規定に違反するのではないか。私はそう信じています。

「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる」

「絶対に」というところがミソだと思うのです。私は見事にやられました。


(雨のせいでうなだれています)

担当医に私は尋ねます。

「先生、私、まだ胃カメラも飲んだことがないんですが、気管支鏡ってつらいんですか」

「頑張ってくださいっ」

私、本当に頑張りました。自慢してもどうしようもないことを知りつつ、やはり訴えたい。

今まで生きていた中でいちばん頑張った。そういえるのが、気管支鏡検査だと。今もなお強く自負しています。

さて、話を『終の信託』に戻します。

「最期のときは、長引かせないでほしい」― 重度の喘息患者の願いに医師はどう応えたのか。

最終盤にきてデジャヴ感の原因がわかりました。

そうです。今回、再読だったのです。

ショックでした。再読していることに気づかず読んでいたのです。

物語の内容そのものよりも、その記憶障害という事件にショックを受け、私は気落ちしています。


(間もなく本が届きます)

物くさ太郎を自認する私。とにかく面倒くさがりやであり、どんくさい。そんな私が淡い期待を寄せて注文した本が冨山真由著、石田淳監修『めんどくさがる自分を動かす技術』。

これまで「星々のつぶやき」で面倒くさがりに関して「ウェットティッシュの角」「面倒ということ」「プリンで息詰まる」など、再三綴ってきました。

面倒くさがるとへまをすることがわかっていながら、物くさ太郎が直せません。

つい最近も職場の給湯室で抹茶入り玄米茶を淹れようとした際、へまをやらかしました。

急須を使うのが面倒なので、急須の中の茶こしをマグカップのへりに押さえつけて電気ポットから湯を注いでいました。熱湯が指にはじき、脊髄反射で手が引っ込み、茶こしが沈没。

マグカップ内で茶葉と玄米が拡散。1か月間掃除をしていない金魚鉢のような状態になりました。

これはもったいない。茶こしを素手で拾い上げ、カップの中を掬い始め、ある程度、透明度が確保できた時点で終了。

じつに濃い抹茶入り玄米茶を味わいました。結構なお点前でした。

さて、『めんどくさがる自分を動かす技術』の紹介によると「なかなか行動に移せない…、始められない…、続けられない…。そんな『行動できない人』になっていませんか」と呼びかけます。

私、完璧になっています。

そして、うれしいことをいってくれます。

「あなたが行動できないのは、やる気や性格、能力のせいではありません! 自分を正しく動かすコツを知らないだけなのです」と。

そうだったのか。やる気や性格のせいだと、私はずっと思っていました。

「自然と行動したくなる環境や仕組みを作ることで、誰でも『サクサク動ける人』に変わる秘訣をアドバイスします」

これまた、長年にわたって物くさ太郎を自認してきた私をトイレの100ワットのように明るくする言葉が記されています。

しかも、特別付録「目標達成力がアップする『行動定着シート』付き」だそうです。

もうこの本さえあれば、物くさ太郎の私も、行動科学マネジメントの理論に基づいた行動強化のコツをやすやすと習得。途端にサクサク動けそうです。

給湯室で急須でお茶を淹れられる日も近い。乞うご期待。


(イタリアン「月海(Ruu)」。じつにいい店です)

至福の時間。それは、休日の朝に風呂に入りながら本を読むこと。医学博士の佐藤富雄氏著『自分を変える魔法の口ぐせ』を読んでいます。

読書しながら、浴槽で放屁。ふと思いました。おならは、本当に気体だけなのか、と。

気体以外の成分は絶対に入っていないのだろうか。固体はあり得ないとしても、液体はまったく含有されていないのか。

気体だけだと信じられているおならが、もし、100%気体でなかったとしたら、世界を震撼させる驚愕の事実となるのではないか。

そんなことを思いながら、『自分を変える魔法の口ぐせ』を読んでいると、心打たれる文章に目が留まりました。

「良い言葉やほめ言葉をかけていると、人との関わり方が根本的に良い方向へと変わっていきます。しかし、『いくら良い言葉をかけても相手に通じない』と言う人がいます」

まさに、かつて私が真剣に悩んだことです。

著者は「こんな時には、どうすべきでしょうか」と投げかけます。

佐藤氏は述べます。

「まず、相手が誰であろうと、どんな返事をしようと、大した問題ではないと気づいてください。要は、自分がどれだけ自分のために良い言葉を使っているかということです」

このとき、私は、文字通り膝を打ちました。浴槽で湯がはじけました。

仕事の師匠が私によくいう言葉を思い出したからです。

「夏は暑い」と。

つまるところ、相手ではなく、いいかえれば、相手を変えようとするのではなく、そして、変わることを期待するのでもない。

夏が暑いことを「暑い」といくらいっても、どうしようもないように、相手の反応は「大した問題ではない」と気づくことなのです。

自分のために良い言葉を使う理由を佐藤氏は次のように述べます。

「なぜなら、自律神経系の機能が言葉の意味を読み取り、それを現実化していくのは、すべてあなた自身の人生においてだからです。心から真剣に相手をほめていると、その真剣さは自分に返ってきます。良い言葉やほめ言葉は、聞くよりも話したほうが効果が大きいのです」と。

佐藤氏は面白いこともいっています。

「良い言葉を使っていくには、良い言葉を選択する力を身につけることが大切」である、と。

つまり、「豊富な語彙」が必要であるというのです。

なるほど、です。

腹痛系・排泄系の語彙は、人後に落ちないと自負している私。統計分析のレーダーチャートにすると、私の語彙の分布は「腹痛系・排泄系」のみがびゅんっと抜きん出ています。

というわけで、今後は、良い言葉を選択する力を身につけるよう努めたいと思います。


(ドトールで過ごす朝が好きです)

作文の時間。「見たまま感じたままを書けばいいんですよ」と先生にいわれました。親からも同じことをいわれたものです。

これができない。なんとも難しい。ですので、コクヨの400字詰め原稿用紙が私は嫌いです。

国語の時間は、そのコクゴという響きからして嫌いでした。作文のせいで一層つまらないと思うようになりました。

そして、なぜか1校時目か2校時目という気分の高揚しない時間帯に国語はあるのです。

さて、先日ご紹介した野口悠紀雄著『「超」集中法』。はたと膝を打つ一文がありました。

「文章を書く作業は、見たまま、感じたままを書くことではないのです。その中から書くに値するものを抽出するのです。見たこと、感じたこと、考えていることの大部分を切り捨て、書くに値するもの(コア)を抽出する作業なのです」

なるほど、作文とは「捨てること」だったのか、と思いました。

さっそく「星々のつぶやき」前号の「定番の引力」を題材に考察してみましょう。

メインテーマは、サッポロ一番塩ラーメンのどんぶりの底に沈む残渣がいかに美味しいか、ということです。

それ以外の事象は、捨て去りました。

「急にサッポロ一番塩ラーメンが食べたくなりコンビニへ」で始まる冒頭。

そのコンビニで「ゴルゴ13」の新刊がないか、書棚の前でうろうろしつつ、買い求めてしまったことは、言及しません。

書いてはいけない事象です。ノイズになるからです。

また、好物の「ひねり揚げ」を袋裏面に記載されているカロリー(492kcal)をじっと眺め、逡巡したあげく、買い物かごに入れてしまったことについても述べません。

これもノイズです。

このように冒頭のコンビニ部分だけでも、じつは話題性がそれなりにあるにもかかわらず、それらを断ち、捨て、離れる。

まさに「断捨離」こそが作文の極意といえましょう。

あくまでもサッポロ一番塩ラーメンの残渣に焦点を当て切る。残渣にだけ注目し、特化する。

塩ラーメンの残渣の美味しさをヒッグス粒子の発見レベルの、いうなればノーベル賞級の出来事として声高らかに宣揚する。

ここまで思い入れるのが作文なのだ、と私は思っています。

見たまま、感じたまま書くなんてもってのほかです。


(実りの秋。秋は迎えるもの、と思う)

「ぐりとぐら展」を見てきました。職場から歩いて1分。優しさあふれる可愛い絵に心がほっこりと温かくなりました。

今回の催しは、「ぐりとぐら」誕生50周年の集大成として、朝日新聞社主催の「誕生50周年記念 ぐりとぐら展」が東京・松屋銀座を皮切りに、全国6か所を巡回しているものです。

これまで、鹿児島・長島美術館、広島・ひろしま美術館、愛知・ジェイアール名古屋タカシマヤ、兵庫・伊丹市立美術館を巡回し、このたび、いわき市立美術館で開催の運びとなったものです。

『ぐりとぐら』のお話全7作品の貴重な原画をはじめ、姉妹のデビュー作である童話『いやいやえん』の挿絵原画まで、50年の軌跡を170点以上の原画が展示されています。


(表情が可愛いですね)

絵本といえば、母のことを思い出します。

小学校6年までに聴力を失うおそれがあると私は診断されました。就学前のことです。

聴力がなくなる前に言葉を教えたい。母はそう思ったのでしょう。

母は毎日欠かさず私に絵本を読んで聞かせてくれました。毎晩、寝床で聞かせてくれる母の声。いまも耳朶に残っています。


(10月25日までの開催です)

聞き間違いや聞き取れず恥をかき、子どものころはよく涙ぐみました。

最近は聞き間違っても顔が赤くなるくらいで、以前よりは気にならなくなりました。面の皮が厚くなったのでしょう。

仕事でも聞き取れず、ミスをします。けれど、周りの方が助けてくれます。有難いことです。

そして、いまや、トイレや下痢などテーマに若干偏りはあるものの、ブログまで書けるようになりました。

みんな母の読み聞かせのお蔭であると、この秋の彼岸で墓前に報告しようかしらん。

「ぐりとぐら展」を見終えロビーでそんなことを思っていたら、偶然叔母に会いました。

亡き両親の懐かしい思い出話を聞かせてくれ、さらに心が温まりました。


(かっぱえびせんのキャラ)

子どものころから、かっぱえびせんが好き。高カロリーなスナック菓子だとわかっていても食べてしまいます。まさに、やめられないとまらない。

最近登場したかっぱえびせんのキャラ「かっぱえび家」。かっぱパパ、えびママまではわかります。キャラ立ちが明瞭です。

が、かっぱえびくんとかっぱエビーちゃんは、なんの生き物なのか不明。“かっぱ”と“えび”の2種類のキャラが相殺していて、ぼやけてしまっています。


(さくらんぼうし。プライバシー保護のため画像を処理しています)

さくらんぼうしのように一つのキャラを磨き上げるべきではないかと思うのです。

そもそも、かっぱは、架空の生き物。それとえびとを掛け合わせることに無理があるのではないか。そんな気がします。

架空といえば、小学生高学年のころ、江戸川乱歩の『少年探偵 怪人二十面相』シリーズが大好きでした。

夏休みに『怪人二十面相』を図書館から何冊も借りてきました。

妖しい世界にどんどん惹かれ、憧れまで抱くようになりました。そして、怪人二十面相のように自分も自由自在に変装してみたいと思うようになりました。

また、しばしば登場する石造りの洋館に興味を持ちました。

怪人二十面相の放つ妖気。あれは、なぜか、洋物と共鳴します。和風は似つかわしくない。

藁葺き屋根の家や囲炉裏、汲み取り式便所や肥溜めといった和の世界と怪人二十面相は噛み合いません。

和式は、ゲゲゲの鬼太郎のシマです。

というわけで、近ごろかぶり物(現在4着を保有)を着用する機会がなく、ちょっとムズムズしているだいこんくんなのでした。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM