(重要文化財「萬翠荘」。松山市にて)

今治の懐石料理「ゆき」で今治市の若い職員と隣り合わせになりました。マダイ、ブリの刺身がじつに美味しい。ぷりぷり感が違う。潮の速さが身を引き締まらせるのでしょうか。

今治の産業を尋ねる中で、「伯方(はかた)の塩」のことが話題になりました。

「伯方の塩って、九州・福岡の博多だと思う人が多いんです。じつは今治市内に伯方島があります。ご存じでしたか」

「瀬戸内にあるのだろうとは思っていましたけど、今治だったのですね。それは知りませんでした」

「でも、伯方の塩っては言うんですけど、メキシコやオーストラリアの塩を使っているんです」

そう自嘲気味に言いました。

「それには深い歴史があるんですよ。専売特許との戦いなど、涙ぐましい背景があるんです」

「そうだったんですか。知りませんでした」

ウィキペディアと博多塩業のウェブサイトを基に「背景」について再構成します。

1971年(昭和46年)に成立した「塩業近代化臨時措置法(塩専売法)」により、従来の流下式塩田製法が全廃され、イオン交換膜製塩への切り替えが起こった。海水から直接「塩」を採ることが出来なくなり、製塩業は化学工業化された。

江戸時代から続いていた伯方島の塩田も1971年(昭和46年)に廃止。

これに疑問を持った住民らによって自然塩存続運動が起こる。

塩田製塩の存続を訴え、5万人の署名を集めて関係各省へ訴えた結果、1973年(昭和48年)、日本専売公社は「メキシコ・オーストラリアから輸入される天日海塩を用いること」などを条件として塩田製法を用いた塩の販売を認可。

ここに「伯方の塩」が生まれた。

原塩を利用すること以外にも「平釜(熱効率が悪い)を使うこと」「専売塩を誹謗してはならない」などの制約を受け、「袋のデザインや文言の変更」についても専売公社にお伺いを立てなければならなかった。

塩専売法は1997年(平成9年)に廃止され、海水からの塩の直接採取が認められるようになったが、伯方の塩にはメキシコ、オーストラリアのものが用いられている。

なぜ、同国の塩を使うのか。清浄であることと地球環境への配慮からである。

製造の初期過程に「かん水(濃い塩水)」をつくる工程がある。海水を直接煮つめて「かん水」をつくる方法は、たくさんの燃料を必要とする。それに対して、自然の風や太陽熱といった自然エネルギーによって結晶した輸入天日塩田塩を使うと、燃料は少なくて済む。

また、メキシコ塩の産地であるゲレロネグロでは世界遺産にも登録されているほど清浄な湾の海水を、オーストラリア塩の産地であるプライスでは南極海につながる海水を使用。

そのようなきれいな海水よりつくられた天日塩田塩でもあり、同国から天日塩田塩を輸入し使用するのは、原料を安定して仕入れるためでもある。

そのような理由で「伯方の塩」は、現在もメキシコまたはオーストラリアの天日塩田塩を日本の海水に溶かして、ろ過した後のきれいな塩水を原料としているのである。

「ところで、今治がタオル産業が有名なのは、歴史的に綿花の栽培が盛んだったからですよね」

「そうなんですか。なぜタオル製造が盛んなのか、わからないです。すみません」

(下へつづく)


(陽光燦たる如月の海。小名浜港にて)

不登校問題を話し合うカフェに参加。不登校を経験したという高校生の話に惹きつけられました。

小学生のとき、いわゆる保健室登校でかろうじて学校に通っていた。教室での授業以外の学校行事などには躊躇しながらも参加していたという。

授業には出席せずそういった行事のときのみ参加することに一部のクラスメイトからは羨望とも揶揄とも言える、心無い言葉を投げかけられた。それが嫌で仕方なかった。

中学生になってすぐのホームルーム。学級委員長をどうするかの議論になったとき、小学生のときからのそのクラスメイトが言った。

「◯◯さんが学級委員長をやったらいいと思います」

学校を休んでばかりいた自分に対してなんていうことを言うのか、と思ったという。私のこと、わかっているはずなのに。

嫌々ながら、結局、学級委員長の任を引き受けることに。

いざ委員長になってみると数多くの仕事があり、「これはどうしたらいいのか、あれはどうするのか」等々、日々皆から判断を求められ、いつしか頼りにされ、それに応えている自分に気づく。

自分の存在意義の確かさを感じる中で、周りの勧めもあり、生徒会役員にまでなったのだという。

嫌だな、苦手だなと思っていた人が返って自分の潜在力を引き出す力強いブースターになったとも言えるこの話を聞き、何か心の中で弾けました。

結局、誰かのせいではなく、自分なのだ、と。前職で勤めていた生命保険の営業職時代の研修で上司が言っていたことを思い出しました。

「嫌だと思う人を指差してみなさい。人差し指以外の下の三本の指はこちらを向いているんですよ。要はこちらなんです」

論理的には滅茶苦茶な指差し理論。されど30年近く経ついまでも、妙に心に残っています。

要は自分なんですよね。わかっちゃいるんです。


(冬の寒さがないと桜は咲かない)

聴き取る力が落ちてきている。最近、つくづく思うようになりました。以前、五十音の単音の聴き取り検査をした際、半分近く間違えました。

子どものころ母に聞いた話によると、私は3歳まで発話をしなかったらしい。いわゆる「赤ちゃん言葉」を発しないまま成長したという。

絵本や図鑑などを通して母が強制的に私に覚えさせた言葉は、「たいよう(太陽)」や「ちきゅう(地球)」、「つき(月)」、「さかな(魚)」であったことは幼子心にも記憶しています。

まるで外国人が日本語を覚えるようにして単語を覚えたようです。

聴き取りの遅れは言語の発達に影響を及ぼします。小学低学年で苦労したのは読み書きでした。

漢字はおろか、ひらがなも書けませんでした。「ち」と「さ」の違いがわからず一人涙ぐんでいた私。どこがどう違うのかがわからないのです。

今になって思います。私は一種の学習障害(LD)ではなかったのか、と。

「ことばとひびきの教室」に小学校・中学校の9年間、通い続けました。私の学習障害を助けてくれたのはまぎれもなく通級教室でした。

先日、特別支援教育関係の会議にスタッフとともに出席する機会がありました。

「LDのお子さんは自分が勉強が遅れているということ自体がわからない。そして担任の先生も含め周りもわからない」

「そこが問題です。周りが気づいてあげる必要があります。そのままにしておくと次第に授業についていけなくなり不登校になっていきます」

「小中はまだ連携が取れているからいいんです。高校に進学した際、特別な支援、配慮が必要な子であることの情報が学校に伝わらない」

目の前の一人の児童生徒のために何とかしてあげたい。

特別支援教育担当の先生が熱く語る姿を見て私は思いました。

おそらくは私自身が子どものときもこのような先生がいて目に見えないところで私たちをサポートしてくれていたに違いない、と。

「ち」と「さ」の切ない思い出とともに何だか胸に込み上げるものがありました。もしかすると、ただの逆流性食道炎のせいかもしれませんが。


(エレベーターの「換気」ボタン)

とあるエレベーターメーカーの企画会議。役員も出席しての真剣な議論が続きます。テーマは放屁対策。

「エレベーター使用上のクレームに以前から放屁問題があることはご承知かと思います。しかし、わが社は放置してきた経緯があります」

「大きな問題なのかね」

「クレーム主のほとんどが女性からです」

「どういうことか説明してくれんかね」

「はい。われわれと同年代の中年男性の約2割は一人でエレベーターに乗った際、放屁することがわかっています」

「そんな程度かね。わしはよくやるぞ。オヤジ連中は密閉空間に弱いってことだ」

「わかります。わかります。狭い本屋さんでも同じ現象が起きます」

「さて、本題に戻します。このオヤジ連中の、あっ失礼、中年男性の放った残り香によって一次被害に加え二次被害が生じていることをご存じでしょうか」

「中年男性が放屁したあとに女性が単独でエレベーターに乗る確率はわが社の推計によると10パーセント未満であるとされています。決して高くはありません。が、無視できる数値でもないと言えます」

「放屁後の空気汚染度は測ったのかね。次にドアが開けば攪拌され稀釈されるだろうに」

「この動画をご覧ください」

屁に模した色付きのガスをエレベーター内に放出。エレベーターのドアの開閉と薄まり具合を観察した実験の模様が流れます。

「ご覧のように想像以上にガスが室内に滞留していることがわかります。女性はまず放屁された室内で一次被害に遭います。『うっクサっ』と思った次の瞬間、次の階で別な人が乗り込み、そこで二次元被害を受けることになるのです」

「要するに犯人にされてしまうということだな」

「そういうことです。放屁の主犯格とされてしまうのです。オヤジの悪習(悪臭)を変えさせることは困難でありますので、女性の救済策を考えました」

「それは何かね」

「はい。企画開発部で考案したのが『換気ボタン』です。他社にはまだない機能です。ボタンを押せば瞬時に台風並みの900ヘクトパスカルまで減圧して急速脱臭します」

以上は筆者の妄想です。

そんなことを想像しながら9階から一人で乗り込み、途中で換気ボタンを押してみました。これで安心です。


(福島市のカフェ「モモノキ」。窓外は雪に覆われています)

珍しく風邪をこじらせました。若いころはよく風邪を引き、寝込むこともありました。長じて40歳を超えたころからめったに風邪を引かなくなりました。

馬鹿になったのだと思いました。

今回、風邪が治りにくい最大の原因は、例年にない厳しい寒気に加え、職場もまた寒いことにあります。

耐震化工事のため空調が切れているのです。北側の窓際にいる私は特に寒気(さむけ)を感じます。

小用のとき放出の瞬間、背後霊が憑依(ひょうい)したのではないかと思うほど、ぶるっと背中に悪寒が走ります。これは男のみの現象なのでしょうか。

さて、人は比較の中で生きている。最近、そう思うようになりました。

半年間は冬と言っても過言ではないモントリオールの冬。ハロウィンのころに雪が降り始めます。厳冬期の1月下旬あたりから氷点下10度から20度の日々が続きます。

滞在中の最低気温は氷点下27度でした。息を吸うと鼻毛がたちまち凍りました。

夜、氷点下20度以下のバス停で30分も立って待っていると新田次郎の作品の数々のシーンが蘇ってきます。

『孤高の人』や『八甲田山死の彷徨』などの遭難のシーンとわが身の置かれている状況とを重ねます。

最高気温が氷点下10度、20度の日々が続く中、たまたま最高気温が0度近くまで上がったことがありました。

「なんて暖かいんだ。春のようだ」

マフラーを取りました。そして、耐寒温度氷点下30度の当地で購入した防寒着を思わず脱いでしまいました。

不思議なものです。毎日、氷点下の中で過ごしていると0度を暖かいと感じることができるものなのです。

幸せというものも多分に比較考量の世界で感じるものなのだと思います。苦味という“人生のにがり”も幸福を感じるための必須要素なのでしょう。

ただし、比較と言っても他人との比較ではなく、自分の経験において行うことが肝要です。

というわけで、苦味を味わえることも大事なことなのだと言い聞かせながら、風邪薬を飲みました。


(いわき芸術文化交流館アリオス。しゃがむと世界が違って見える)

「平和と親善を目的とする五輪に、戦争と対決を招く空母が出場できる種目はない」--- 北朝鮮は祖国平和統一委員会のウェブサイトに米空母を牽制する論評を掲載したという(2018.1.13ソウル時事)。

なかなか上手いこと言うなと思いました。人は言葉の応酬をしている間はまだ後戻りできる余裕があります。いよいよのとき人は寡黙になります。

この北朝鮮の論評に対して、いずれにしても米空母は「金」を狙っている、とネット上でコメントした人がいました。これまた当意即妙な返しだと感じ入りました。

服を買いにユニクロに行きました。各コーナーにはモデルが着こなしている写真が貼られています。どれも素敵です。じつにカッコいい。

馬子(まご)にも衣装。公家にも襤褸(つづれ)。

そうは言うけれど、それは違うなと思いました。確かに人は着る服で立派にもなり、みすぼらしくもなる。そういった一面があることは否定しません。

けれども、カッコいいモデルが着れば何を着ても様になるのです。仮に蓑(みの)を着せたとしても、モデルはカッコいいはず。むしろワイルドさが際立つことでしょう。

私が蓑を着たらどうなるか。

「七重八重花は咲けども山吹のみの一つだになきぞ悲しき」(後拾遺集)を彷彿とさせるひもじさ溢れる世界が現出すること間違いありません。

ですから、モデルが着ている写真を見ていい服だと思って買ったら、メーカーの思う壺。まるでスーパーの試食コーナーで食べた際の感激と食卓での落胆にも似た悲劇を味わうことになります。

というわけで、ふと気がつくと日曜日の夜が更けてきました。明日は月曜日。そう思うだけで気が滅入ります。

蓑を着た夢でも見てみましょう。なんだか無性に蓑が着たくなってきました。


(冬の猪苗代)

とにかく冬が嫌い。厳冬の今ごろが特に苦手です。理由は手先が冷えるからです。本当に冷たい。切なくなるほど冷え切っています。私は変温動物ではないかと思う。

日本は日常のあいさつにおいて握手を交わさない。だからまだいい。20年前住んでいたカナダではよく握手を交わしました。抱擁もし頬にキスもします。

抱擁やキスは最初戸惑いながらも慣れました。でも、握手がいやでした。皆、私の手の冷たさに驚くのです。ハッと顔に表します。

冬の握手の悪弊から逃れた今も手先が冷たいことに変わりありません。恥辱を忍びながら、五十男が職場で指先の出ている手袋をはめています。

なんとかならないのか。懸賞金を出して私の手先の冷えを改善する方法を教示してほしいと思うほどです。

直接的な原因は血液が手先に行き渡っていないことにあるらしい。その根本的な原因はわからない。

いろいろ対策を調べていくと対症療法ではあるものの、お腹を温めると手先が冷えが改善されるという。どういうことなのでしょうか。

血液が行く場所には優先順位があるらしい。もともと血のめぐりが悪い私。血液は大事な内臓を冷やさないように内臓に集結するようです。

その内臓をカイロで温めてやるのです。そうすれば血液を集結させる必要がないと判断してくれるはずです。誰が判断するのか不明ではありますが。

やってみました。これは不思議。じんわりと手が温かくなりました。腹巻もいいかもしれないと思いました。

小さな、小さな発見でした。仮説が当たると嬉しいものですね。これで宝くじも当たれば懐も温かくなるのですが...。


(五浦の六角堂)

「業務は型にはめる。発想は型にはめない」 --- 仙台で開催されたある勉強会。発言者の言葉が心に残っています。

10人ほどの事例発表でした。誰の言葉なのか思い出せません。記憶力が弱ってきました。これからは発言者の名前も留めておくようにします。

「発想は型にはめない」。これは難しそうで意外に容易です。頭を柔らかくさえすればよい。難しいのは「業務は型にはめる」方です。

ルール作りこそ勝者の道。型にはめた方が勝ちです。

ruleにerを付けたrulerという英単語は文字通り支配者を意味します。

インターネットのURLに国名が表記されていないのが米国です。

日本国内の場合、jpドメインが付されます。しかし、米国では、企業であれば.comとなり、政府機関であれば.gov、非営利組織であれば.orgです。国名がありません。

まさにルールを持つ者“ルーラー”のなせるわざです。

英語という言語も言語として優れているかどうかではなく、ルーラーの言語であるがゆえに国際社会の支配言語となっていると言えます。

その意味で中国文化や中国語の教育宣伝を行う公的機関「孔子学院」の設置を中国政府が世界各地で進めていることは、もっと関心を持っていいかもしれません。

現在、世界各地に約500校あります。2020年までに世界中に1000か所の孔子学院と孔子学級を中国政府は設置しようとしているという。日本国内にもあります。

なお、孔子学院は儒教教育とは関係ありません。

閑話休題。

NHKスペシャル「激変する世界ビジネス“脱炭素革命”の衝撃」をめぐってエネルギー産業に携わる方と語りました。

番組の概要は次の通り。

「世界に衝撃を与えたトランプ大統領の『パリ協定』脱退。にもかかわらず世界のビジネス界は、今世紀後半に二酸化炭素の排出量を実質ゼロにする“脱炭素革命”に向けて大激変し、その動きは止まらない。なぜか?」

「この動きを決定づけたのは、世界最大の二酸化炭素排出国、中国が“環境大国”を目指し始めたこと」

「11月にドイツ・ボンで開かれたCOP23には、脱退したはずのアメリカや、エコ文明を打ち出し“脱炭素”のリーダーをめざす中国など世界中のビジネスマンが集結!だが日本では再エネ普及も進まずトレンドに乗り遅れている」(NHKウェブサイト)

「去年の12月のNHKスペシャル、脱炭素革命をご覧になりましたか」と私。

「たかしに番組の言うとおりなんです。そうなんですが、東南アジアなどの発展途上国においてはまだ火力が必要なんです。すぐに脱炭素というわけにはいかない」

番組を見て私が感じたことは、「地球にやさしい」とか「地球温暖化を心配して」といった次元ではなく、ビッグビジネスとして動いている、ということでした。

しかも、間違いなく中国が“脱炭素革命”のルーラーになろうとしているということです。

脱炭素という「型」を誰がどのようにはめるのか。今まさに鎬(しのぎ)を削る戦いが始まった、と思いました。

型にはめた方が勝ちです。ルール作りこそ勝者の道。


(藍の波を立てる鮫川)

だんだんと気持ちが柔(やわ)になってきた。そう思います。以前は抗(あらが)う精神がありました。ナイフのようにとがっていました。

30年来のなじみの理髪店に行くたびに言われます。

「最近ずいぶんと髪の毛が柔らかくなってきましたよね。特に頭頂部がほら」

頭頂部と太陽は直視できない、とはだいこんくんの箴言(しんげん)です。

頭髪の柔らかさと心の強靭性は相関関係にあるのでしょうか。頭頂部も心も脆弱性を示し始めました。

以前、「総ぐるみ」という言葉に抵抗がありました。特に「◯◯総ぐるみ運動」といった表現が苦手でした。

“総ぐらまれたくない”と思ったものでした。「総ぐるみ」とは、思考停止状態で行われる集団行動に思えたのです。是非を論ぜずお上や周囲から言われるままに行う行為に見えたのです。

そして何よりも、「総ぐるみ」に否と意思表示をするマイノリティに対して冷たさを感じたものです。少数派を排除する運動に思えたのです。

議論して皆が納得しての総ぐるみ運動であるならばいいのです。総ぐるみで行うことそのものに意義を見出す思考様式に嫌悪感を持っていました。

杉本良夫氏は言います。

「『日本人をやめる』というのは、広い意味では、日本文化のなかにある束縛的なしきたり、日本社会の非民主的な枠組み、日本人の日常生活を支配する非人間的な構造にアカンベーをする人間になるということである」(杉本良夫著『日本人をやめる方法』)

さらに氏はその「日本人をやめる」ことの厳しさについて次のように述べています。

「地球時代にあって、日本と関わりあいながら、なにがしかの社会変革を志す人たちにとって、『闘争』と『逃走』は盾の両面である」と。

上述の引用中の「日本と」を「地域と」に置き換えてもよいでしょう。

というわけで、美味しい干し芋を食べたい、濃厚な和栗モンブランケーキを食べたい、ぷりっぷりの海老チリを食べたい、等々の欲求に抗し難く、人間が柔(やわ)になってきました。

闘争など無縁となり、もはや逃走を超え、遁走(とんそう)するばかりです。

総ぐるみの軍門に下るとそれなりに楽だということに気づいた今日この頃のつぶやきでした。


(海老チリを作ってみました)

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」 --- 室生犀星の抒情小曲集の詩句。この抒情は第一に物理的距離があり、そして心理的距離があることを前提としている。そう私は思います。

東南アジアに留学した息子。寮の部屋はWi-Fi環境が整っています。

3人部屋で共同のトイレ、水のシャワーだという。東京で暮らしていたよりは不便な生活になったようです。

たしかに遠くには行きました。が、心理的距離が離れていない。SNSで無料いつでもつながります。動画でも会話ができる。

これはよくないのではないか。やはり「ふるさとは遠きにありて思ふもの」です。

「むかしは」と言うのは避けたいと思いつつ、やっぱり言いたくなるのです。

30年前の私のタイ留学時代。薄暗い独房のような部屋。ヤモリと巨大ゴキブリとの共生。もちろん水のシャワー。電話なし。

実家との連絡手段は手紙でした。5日間程度の“時差”が心を豊かにしたような気がします。赤と青のストライプに囲まれたエアメールの封筒が届くとき、心躍りました。

さだまさしの「案山子」の歌詞のような母の文面。思えば遠くに来たもんだと思いました。

人生は「いないいないばあ」の姿勢が必要なのではないか。最近つくづく思います。「いるいるばあ」ではなく「いないいないばあ」というところが深い。

離しつつ、見守っている。あるいは、離れつつ見守る。完全にいないのではない。かといって常時いるのではない。それが「いないいないばあ」なのです。

いつかはいなくなる親という存在。たくさんの「いないいないばあ」のシャワーを浴びた人は親亡きあとも“見守れ感”が心の中に残るような気がします。

というわけで、飛行機の航路をリアルタイムで追跡するアプリを捨てられずにいる私こそ「いないいないばあ」が必要だと思う昨今です。修行が足りません。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM