(平田村のcafe暖らん)

炎には思い出があります。炎には飽きない不思議な魅力があります。

古代ペルシャに起源を持つ、火に向かって礼拝するゾロアスター教。私はシンパシーを感じます。

偶像も何もなくただひたすら火を拝む。炎への畏怖と魅力にとらわれた人間の本源的な姿なのかもしれません。

私の炎の思い出は小学校低学年のときにまでさかのぼります。

社宅の物置の裏で火遊びしていたことが母親に発覚。壺に落ち葉を入れて燃やし、揺らめく炎に見とれていただけだったのに。

母親にきつく叱られました。

後にも先にも親に尻を叩かれたのはこの火遊びのときだけでした。

「桃太郎」の絵本に出てくるような桃の絵の描かれた大きなマッチ箱を持って物置の裏で火を点けていました。

火焔と呼べるような炎を見たのは小学校高学年のとき。父の勤務先である火力発電所のボイラーをのぞき穴から見たときの感動は忘れられません。

その炎は、まるで龍が空を舞っているかのようでした。


(cafe暖らんの外観)

祖父の家でも炎の思い出があります。

風呂焚きです。石炭で焚く風呂でした。率先してやりました。石炭の炎は薪とは異なる味わいがありました。

ただ、灰が人間の焼骨のような感じがするのが嫌でした。

長じて思い出に残っている炎との出逢いは、学生時代です。いまから30年前。

私のアパートに居候していた先輩の身体から発生したものでした。

「あのさ、屁って燃えると思う?」

「さあどうなんでしょう。メタンガスも含まれていますから...」

すると先輩は仰向けに寝転がり、脚を天井に上げて、放屁するや否やライターを点けました。

するとぽんっと高いを音を立てて青白い炎とともに小さな爆発を起こしました。

「先輩!燃えましたよ!屁が」

「燃えるんだよ」


(ショートケーキを食べながら炎に見とれていました)

屁は燃えるのかとの問いに対して、私は確信を持って「燃える」と答えることができます。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

というわけで、毎日のように炎を眺めることのできる薪ストーブが欲しくなりました。写真のストーブは73万円(税別、工事費別)です。

cafe暖らんは薪ストーブも販売しています。

炎を拝めるようになるのはまだまだ先のようです。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM