(桜が咲くとうれしくなる)

而立のときはちょうど太平洋上空。1997年3月末、深々とした闇の中にヘール・ボップ彗星が飛行機の窓から見えました。次回は西暦4531年に近日点を通過するという。

悠久の時を刻む宇宙の営みに思いを馳せました。

本日、知命に至り、思うことは両親のこと。いずれも50代で他界。どんな思いだったのか。胸中を推し量ることはできません。

けさ姉弟とSNSのグループでちょっとおしゃべりしました。

「人生半世紀、早いものです」と姉。

「内面は30歳のときと変わらない」と応じる私。

「そう、中身は変わらないんだよ。歳とって気づく」

姉の言葉に私も心から納得。

年齢を重ねてわかることがあります。

わかること。それは、回顧でもなく、まして懐古でもない。やはり、学びなのだろうと思います。

姉はつづけていいます。

「きっと、お父さんもお母さんもこんなふうだったんだろうね」

外見は私たち子どもが仰ぎ見る尊敬する親でした。が、二人とも不治の病に倒れ、内心は当然のことに煩悶も落胆もあったことでしょう。

しかし、悲嘆にくれている顔、意気消沈している姿を私たちは見たことがありませんでした。きっと見せなかったのでしょうね。

弟曰く。

「歳を重ねると段々と動く生き物を可愛がりたくなる。犬とか猫とか。そして、やがて動かない生き物、盆栽に移行するんだよ」

弟ながら深い洞察に膝を打つ。

だが、まだまだ青年の気概を持っていると自負しています。生き物はやっぱり人間が一番面白い。

というわけで、がまんしてきたモンブランケーキをきょうだけは解禁としようかな。

Related Entry
Comment
モンブランケーキはおいしかったかな?
  • おこちゃん
  • 2017/04/01 01:00
おこちゃん 様 ご愛読いただきありがとうございます。

ケーキはやっぱりモンブランケーキです。
  • だいこんくん
  • 2017/04/05 12:19





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM