(ヒナゲシを見るとアグネス・チャンを連想します)

20数年前、新婚旅行でタイを訪れたときのことです。夫婦ともに高熱を伴う猛烈な下痢に襲われました。

思い当たるフシがありました。一昨日ホテルで食べた寿司です。新鮮さに欠けるネタがあったのです。

一晩中うなり続け、トイレットペーパーのおかわりをフロントに注文する始末。

かつてタイに留学していたときもよく下痢に見舞われました。が、発熱はありませんでした。今回の下痢は前代未聞空前絶後のそれでした。

翌朝、病院に行くことを決意。選んだ病院は「バンコク総合病院」という著名な私立病院です。

広いエントランスホール。激痛のお腹を抱えながら文字通り右も左もわからず当惑していたそのときです。

「どうしました」

総合案内のスチャートさんという若い男性が素敵な笑顔で尋ねてきました。

下痢が極めてひどいこと、妻の方が症状が重いことなどを説明しました。

スチャートさんは私たちのただならぬ症状を見て取ったのでしょう。すぐに救急外来(ER)に案内するという。

「まだ受付もしていないんです」と私はタイ語でいいました。

「手続きはあとでいいですよ。ERにご案内します」

救急外来に到着すると日本の医学部を修めた女性の医師が待っていました。

問診と検査の結果、医師から下された診断は「赤痢の一歩手前」でした。

赤痢の一歩手前。どういうことなのか。とたんに不安になりました。

へつづく)

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM