(通勤途上のハナミズキ)

からつづく)

「赤痢の一歩手前」で新婚旅行先で入院。しかし、そこで得難い体験をさせてもらいました。

バンコク総合病院のスタッフは皆が「患者に気を配る」のです。以前、両親が入院していたときに見た「患者が気を使う」風景とは対照的でした。

バンコク総合病院では総合案内から医師に至るまで「相手の立場に立って考える」という姿勢に貫かれていたといってよいでしょう。

しかし、この「相手の立場に立って考える」は言うは易く行うは難し、です。

臨床心理士で北九州市立大学教授の中島俊介氏は、人の相談にのるときの自戒として恩師の言葉を心に留めているという。

「他者の経験というものは筆舌に尽くしがたいものなのだ」と。

私たちは他者の体験を追体験するわけにはいかない。また、USBケーブルのような便利なもので頭脳同士で情報を共有することもできない。

じつに「相手の立場に立って考える」ということは至難なことです。

そこで大切なことは何か。それは「想像力」だと私は思います。追体験することはできずとも、想像することはできます。

今回の経験を踏まえて、少し難しい言葉を使って本稿をまとめます。

表面的な事象で脊髄反射のように反応する昨今の社会。そのような社会にあって他者を真の意味で理解するには、どうすればよいのか。

それは、大脳をしっかりと使って他者の行動のプロセスにまで思い至る豊かな「想像力」を駆使していきたいと思うのです。

不登校という問題から、大きくは国際問題に至るまで、表層の出来事にとらわれるのではなくして、その奥底に込められたメッセージに思い至ることです。

私たちは、つい<感情の領域>で反射してしまいがちです。そうではなく、思いをめぐらす<想像の領域>を使うことによって相手の立場に立って考えてみる。

そんな小さな心の改革を積み重ねていきたいと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM