(庭のシバザクラが目に沁みる)

午後の日差しが優しくなってきました。暮れる前にコメリホームセンターで買った苗を植えよう。

ナス、ミニトマト、インゲンそしてアシタバ。青シソの種も蒔きます。


(初心者としてはこれくらいがいいと思う)

土を耕し施肥をしたあと苗を植えました。用水路から汲んできた水を撒きながら、無事にかつ早く結実するよう祈りました。

大昔、ナスは種から植えたのでしょうか。種がなるまで大きくするとナスの実はいったいどうなるのでしょう。試してみる価値がありそうです。


(「アシタバ」の名称は、きょう葉を摘んでも明日には芽が出ることに由来するという)

ふと庭の百目柿を見ると、若芽が吹いています。天ぷらにしよう。

百目柿の名称は百匁(約375グラム)から付けられたという。確かに大きな実がなります。底部に同心円状の模様ができるのが特徴です。


(新芽を摘みます)

天ぷらは素材は安価であっても揚げるのに手間がかかる。だから、専門店で食べる天ぷらは高いのでしょうね。

スーパーで売られているサラダ油は石油系の有機溶剤(ヘキサン)で菜種の油分を浸潤させて抽出したものです。


(きょうの収穫です)

絞った菜種油を栄養士の友人に勧められました。以来、カネゲンの圧搾一番搾り油を使っています。

柿の葉を揚げる前に風呂に入るとしましょう。入浴しながら本を読むのが好きです。


(窓を開け放ち露天風呂感覚で浸かります)

浴槽で読書。岡本全勝著『明るい公務員講座』をまもなく読み終えます。

「明るい◯◯」というテーマは本当は暗いということなのかなと勘ぐってしまいます。昔、「明るい農村」という番組がありましたね。

この辺は田舎なので朝はキジが鳴き、夜はカエルの大合唱です。さあ、天ぷらを揚げるとしよう。


(ふんわりもちもちに揚がりました)

柿の葉の天ぷらは、ほのかな苦味と甘味を感じます。冷蔵庫の奥にあった、いつ買ったのか不明のアルゼンチン産白ワインで食べました。

柿の葉はタンニンを含むので血中の鉄分が少ない人にはお勧めできません。なお、ビタミンCは豊富です。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM