(「区内町御用達」--- 徒歩での移動はこんな発見も)

駅のベンチであふれる涙を押さえながら読みました。大津秀一著『死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33』(2017年、幻冬舎新書)を読了。

緩和医の著者の言葉に心が洗われる思いがしました。

土曜日の午前中。要約筆記者養成講座の開講式であいさつをする仕事がありました。

住まいの最寄りの小川郷駅から単線のディーゼルカーに乗り、いわき駅からは電車で、湯本駅に向かいました。

湯本駅から徒歩10分のところに会場があります。

鉄路での移動中も読書を続けました。

正午前に会場をあとにし湯本駅前の沖縄料理店「A家食堂」で昼食。食べながらも読みました。


(ランチ定食。炭水化物の重ね食いに心躍ります。13時の方向にサーターアンダーギーが見えます)

沖縄そばに入れた島とうがらしが余計に涙腺を刺激します。ティッシューなしでは読み続けることができなくなりました。

辛くなった口内の環境改善を図るため、 とうふ工房分家奈良屋湯本駅前店で豆乳アイスクリームを注文。

不器用を自覚している私。コーンではなくカップでお願いしました。

アイスクリームを食べながら読書を継続。ふつうなら、“ながら”食いをすると必ずといっていいほどアイスクリームを股間に垂らします。

が、今回は汚しませんでした。奇跡的です。

アイスクリームを食べ終え、上顎が冷えました。

駅のベンチで電車が来るまでの間、ふたたび読み続けました。そして、滂沱の涙とともに読み終えました。

50代でがんで亡くなった両親を思いながら本を閉じました。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM