(阿佐ヶ谷の花屋さんで見つけた糸トンボ)

自宅を出て、30分弱歩いて最寄り駅の小川郷駅に到着。黒色のスラックスに歯磨き粉が付着していることに気づきました。しかも、股間付近に。

歯磨き中、私の意識は宙に浮いています。きっと離脱しているのでしょう。

コイン精米機内での意識活動レベルに似ています。モーターの振動音に身を任せ、米の流れる様をぼーっと見ている。意識が鈍磨していきます。

セルフ式ガソリンスタンドで給油中の薄ぼんやりとした意識とも共通です。

本来、万が一のために給油口をこそ注視すべきなのです。が、リッター表示を見つめてしまう。

ともあれ、またやってしまいました。駅に至るまで何人も中学生と、あいさつをしながらすれ違いました。

過去と他人は変えられない。反省はすれど後悔はしないことにしましょう。いや、反省も足りないかもしれない。

数か月前のこと。ユニクロでスラックスを買いました。

股下の長さが印字されたテープを側面にべろっと貼付したまま、まちを歩いていたのです。儀仗兵のズボンの側面のラインのようでした。

気づいたとき、耳たぶまで炎症を起こすほど赤くなりました。

さて、小川郷駅で狼狽(ろうばい)する私。ハンカチで拭いても取れません。弁当を入れたトートバッグで隠しながらディーゼル車に乗り込みました。

幸いにもボックス席が空いていました。

私のリュックは少し重い。災害がいつきても2日間程度は自活できるように下着類をはじめ衛生用品を常備しています。


(開かずのポーチ)

アルコール含有のウェットティッシュをポーチに入れていることを思い出しました。

備えあれば憂いなし。ほくそ笑む私。

過去までは拭い去れないものの清拭完了。

ウェットティッシュをポーチに戻し、ファスナーを閉めた、そのときです。

スライダー(栓抜きの赤ちゃんのような形のツマミ)が外れてしまったのです。

もう二度と開けることのできないポーチ。ポーチの中身を取るためにははさみで切り破るしかありません。

人生、上がり下がり。けさの午前7時30分前後に起きた出来事と心象風景を描きました。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM