(蚊取り線香を焚きながらデッキでゴロゴロしていました)

光陰矢の如し。昨夏決意したはずだったのに、時はめぐり、また夏が来てしまいました。

「決意」とは、年に1度の同業者同士の卓球大会に事前に練習をして臨む、というものでした。

第41回を迎える本年の県下都市職員交歓卓球大会。開催地は南相馬市でした。昨年は地元市での開催。

あれから1年が経ってしまいました。口惜しさいっぱいだったのに。絶対に練習しようと思っていたのに。決意したはずなのに。

のにを言う人の心に甘えあり。

けっきょく、1年間、ラケットを握らずにまた大会に臨んでしまう失態。負けたときの口惜しさはいったいどこに行ってしまったのでしょう。

数年前、男女混合の個人戦で年齢が一回り上のご婦人と対戦し惨敗。「最近卓球を始められたのですか」と心優しい問いかけをいただきました。

思わず「あ、はい」と答えたときの屈辱。

昔の光いまいずこ。

中学時代、市・県で団体優勝。個人戦においても市大会優勝(中体連)、県大会準優勝(学年別)の実績を積むも、練習せずんば廃れるのみ。

おごれる人も久しからず。たけき者もついには滅びぬ。

喉元過ぎれば熱さを忘れるの格言の如く、「交歓」という名の夜の宴席で泡沫(うたかた)の決意はアルコールといっしょに蒸発していきます。

ラケットを握るのは従、ジョッキを握るのが主。昼は手段、夜が目的。

気が付けば、嗚呼、我、雪山(せっせん)の寒苦鳥となれり。

夜は寒さに苦しみ、昼はその温かさに苦しみを忘れ、遊びほうける。「明日は必ず巣を作ろう」と鳴きながら一生を終える寒苦鳥。

というわけで、寒苦鳥だっていいじゃないか、人間だものと言い聞かせながら、2日目の筋肉痛に呻吟(しんぎん)しています。

それにしても五十路の筋肉痛はどこか違う。

2日目にピークが来て、筋肉痛とともにインフルエンザの治りかけのだるさにも似た、倦怠感に襲われます。

ともあれ、あれほど汗をかいたのに体重が増えたのは不可思議この上ない。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM