(「時季の森」。遠くに石森山が見える)

自宅から車で10数分。森の中に入って行くとカフェレストラン「時季の森」があります。高原の風が吹いています。

クヌギが高く繁り、様々な広葉樹に覆われています。

金土日のみの営業です。今週、気にかけていた仕事が無事に終わりました。


(抹茶アイスクリーム入りクリームあんみつ)

ふと自分にご褒美を与えてもいいのではないか。そんな甘いささやきが視床下部から聞こえてきました。大脳皮質も賛同し即行動。「時季の森」に向かいました。

人生の幸福は糖質で決まる、とは私がかねがね訴えているところの法則です。

身体に良くないのかもしれない。けれど、多幸感に最も寄与するのが糖質であると私は確信します。


(自然の風合いの木道が好きです)

その速効性においても糖質はずば抜けています。舌で喜び、胃が歓喜します。

抹茶アイスクリームのほのかな苦味と餡の甘み、そして黒蜜。寒天が甘さを中和しながら妙なる甘味のハーモニーを奏でます。

今週、嫌なこともありました。一方で、嬉しいこともありました。森を眺めながら反芻します。

嫌なことをどう捉えるか。その嫌なことはきっと意味があるのだ。つまり、「我が身の肥しなり」と思えるかどうかが、価値ある人生への登攀(とうはん)のY字路なのかもしれない。


(イングリッシュガーデンに咲く花)

間も無く人間ドック。にもかかわらず、糖質過多の道を邁進する我が身です。我が身を肥やしています。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM