(ドトールのあさ。休み明けの気持ちをリセット)

休み明けのあさは弁当を作るのがしんどい。私は思います。弁当作りとは一定程度の気持ちの張りがあってはじめてなし得る作業である、と。

東京から友人一家が来訪。今春小学校に上がった可愛らしいひとり娘さんを連れての小旅行です。

海に行きたいという。正確に言えば、泳ぎたいとのこと。

連日梅雨の続きのような秋雨を思わせるどんよりとした日が続いています。当日は雨でした。

高速道路を北上中の友人に屋内で楽しめる施設をいくつか紹介。検討するようにアドバイスしました。

しばらくすると雨の降る海辺でお母さんと娘さんが喜ぶ画像が友人から送信されてきました。数人のサーファーを除いて海水浴客はいないという。貸切状態です。

驚きました。雨の中、歓喜雀躍と波と戯れる姿に感動すら覚えました。

友人がテント内に待避しながら見守っているのは予想がつきましたが、お母さんも娘さんとともに雨の海水浴を楽しんでいるのです。

夕方、みな我が家に来てくれました。

聞けばお母さんはかつて水泳部だったという。海水の温度を測り22度以上あることを確認。

一見無謀に思えた行為は、じつは細心の注意を払ってのことだったのです。

海で泳ぎたい。その願いをなんとしても叶えてあげたい。その一貫した意志に心揺さぶられました。

自分だったら、と思わざるを得ませんでした。二酸化硫黄の香る屋内レジャー施設でお茶を濁したであろう、と。


(イワナの里「川内村」)

翌日、隣村の釣り堀に案内。イワナを7匹釣り上げました。小1時間かけて炭火で焼きイワナを頬張りました。

この日も時折霧雨の降るあいにくの天気。イワナを堪能したあとは村内の温泉に入って旅の疲れを癒してもらおうと思いました。

「また海に行きたいっていってるんだよね」

「本当に海が好きなんだね」

友人一家は山を降りて一路海岸に向かったのでした。

のちに連絡があり、娘さんはふたたび歓喜雀躍と楽しんだとのことでした。

私は思いました。この頃、自分自身に貫くという心が失せてきた。やわになってきたな、と。

友人一家に触れて、私は心に期しました。「貫く心」をいまふたたび喚起したい。

というわけで、弁当作りを明日からまた頑張りたいと思います。身近な一歩が大事です。

一丈のほりを・こへぬもの十丈・二十丈のほりを・こうべきか、です。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM