(神戸方面を望む。たぶん)

30年前に友人とタイ南部のハジャイを旅しました。ハジャイ(Hatyai)とは大きな浜を意味します。

現地の大学の学生たちとJBホテルという中規模クラスのホテルのラウンジで夜に飲むことになりました。

ステージでは演奏が奏でられ、女性の歌手がタイ語の歌を歌っていました。男性の歌手がステージに立ちました。

聞き覚えのあるイントロが流れ始めました。

んっ、何だろう。と思っていると歌い始めました。

♪目を閉じて何も見えず

そうです。谷村新司さんの名曲「昴」です。じつに上手い。どうしてこんなに上手に歌えるのだろう。熱唱でした。

異国の田舎町で聞く昴。熱帯で聞く昴。妙に旅情が高揚したのを覚えています。

ハジャイはマレーシアに近い町です。イスラム系住民も少なくない。辺境の地と言っていいかもしれません。

こんな場所で完璧に昴を歌う人に出会ったことに胸が熱くなりました。

しかし、不思議な歌詞です。

「目を閉じて何も見えず」

当たり前のことです。当たり前のことなのですが気になる言葉です。

ハジャイで昴を聞いて10年後、成田空港で谷村新司さんを偶然見かけました。どうもあの頭髪を見ると芸人のコロッケのパカパカ動かすカツラを連想してしまいます。

モノマネは大切な価値を毀損する場合もあると感じました。

さて、その10年後、2007年にハジャイのJBホテルはテロの脅威にさらされます。爆弾が爆発し多数の死傷者が出ました。

そして、その10年後の本年、ハジャイやその近隣から青少年たちが研修でいわき市を訪問。50日間の滞在中、何度か交流させていただきました。

というわけで、ふと思い出したことを備忘録として書き留めました。

動画サイトで谷村新司さんの昴を久しぶりに聞いてみました。が、やっぱり頭髪のパカパカが気になって厳粛に聞くことができませんでした。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM