(棟方志功「大平和の頌」。本文とは関係ありません)

20年ほど前、現在の職場に就職したばかりのころ、私は自宅で日経流通新聞(現 日経MJ)を購読していました。流通は奥が深く面白い世界です。べた記事に至るまで熟読していました。

前号の「ラジウスの炎」でドムドムハンバーガーのコーヒーについて辛口の批評を書いたので、贖罪の意味を込めてひとこと。ドムドムの秘密兵器(だと筆者が勝手に思っている)「おさつ大学(240円税込)」を取り上げてみたいと思います。

いわゆる大学芋です。これが絶品。注文する人はあまりいないかもしれません。メニューにも申し訳なさそうに隅に載っています。注文してから揚げるので少々待ちます。あつあつ、ほくほく感がたまりません。

チェーン店ですので、私の好きな「千葉屋(台東区浅草)」の大学芋にはかなわないかもしれません。でも、なんらかのストーリー性(物語)を加えればブレイクすると私は見ています。

かつて、ダイエーとマクドナルドは日本で合弁企業を模索していました。出資比率で折り合いがつかず、ダイエー創業者の中内功氏は独自でハンバーガーチェーン店を展開することにしたのが現在のドムドムハンバーガーです。がんばってほしいです。

蛇足ながら、たい焼きは、新宿区若葉の「たいやき わかば」と大丸東京店の「たい焼き鉄次」がおすすめです。私の好物です。よろしくお願いします。

ところで、4年前の6月に苦情のはがきが職場に寄せられました。内容は事実誤認もありましたが、大部分は担当部署とご本人とのコミュニケーション不足でした。

すぐさま差出人宅を訪問することにしました。

訪問前に差出人のお名前を私はじっと見つめていました。どこかで見たことがある。はてさて...。

職場には毎日さまざまな団体や企業の広報紙(誌)、業界専門誌、雑誌類が回覧されてきます。時間のないときは斜め読みになります。けれど、私は出来得る限り目を通そうとしています。

苦情主の方のお名前は、定期的に回覧されてくる広報誌にあったのです。東北電力の広報誌「白い国の詩」の短歌の投稿欄にたびたび掲載されていた方と同姓同名だと気が付きました。

おはがきの差出人のお宅を訪問し、あいさつを交わした後、私は尋ねてみました。「白い国の詩」に投稿されている方ですか、と。

ご本人は満面の笑みでそうだとおっしゃり、短歌のことで盛り上がりました。苦情の件も円満に解決しました。瞬時に信頼関係を築くことができた稀有な事例でした。

ここで字余りの一首。

ドムドムのおさつ大学食ひにけりお札も厚くなってほしいかも

※「ドムドム」はダイエーのキャッチコピー「よい品を どんどん 安く」の“どんどん”に由来している。“どんどん(DON DON)”はすでに商標登録されていたことから、“ドムドム(DOM DOM)”の名称に。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM