(困難とはなんなのか)

予想外の困難という局面に直面しました。

困難ーー それは「できない」といわずにできないことをいい表すために使う言葉。

困難ーー それは「できない」のではなく、ただやりたくないだけのことをカモフラージュするために使う言葉。

これは、私の業界での定義です。たぶん。

「困難」をよく使う職場に私は所属しています。代々の先輩方も使ってきましたし、便利な言葉として私自身も使うことがよくあります。

軽々に困難という言葉を使ってきた私。その逆襲に遭遇してしまいました。年貢の納め時です。

場所は荒川区南千住。目的地はジョイフル三の輪商店街にある「砂場」という蕎麦屋です。

いわば東京下町の最深部。ディープな南千住にシェルパも水先案内人も連れず、やってきてしまったのです。

ナビの案内に沿って突き進み、路面電車の踏切を渡った途端、急に道幅が狭くなりました。車1台がやっとの下町の商店街に入ってしまいました。

道の両側は、総菜屋、喫茶店などなど昭和の匂いがぷんぷんする店ばかり。タイムスリップしてしまったかのよう。

この道の入口に「この先 四輪車 通り抜け 困難」などという看板があることにまったく気づきませんでした。

困難などという状態ではありません。無理です。不可能です。

自転車や荷物などが無造作に置かれ、進むも地獄、戻るも地獄、危機的状況に陥りました。

パニックになりかけたとき、高齢者支援の拠点の看板を掲げている事務所から30代の男性が現れました。

「時折、ナビの誘導で入ってくる人がいるんです。実際はご覧のように通れないんです」

「どうすればいいでしょうか」

「踏切のところまで後ろを誘導しますからバックしてください」

下町の救世主の出現で見事な後方支援により、私は危急を脱しました。

「この世には、幸福もあり不幸もあり、ただ在るものは、一つの状態と他の状態との比較にすぎないということなのです」(山内義雄訳『モンテ・クリスト伯』)

デュマのいうとおり、幸不幸とは状態の比較に過ぎないのかもしれません。

それにしても、あの「通り抜け 困難」はどう解釈すればいいのでしょうか。なぜ、通行禁止にしないのでしょうか。

今回の困難は、安易に「困難」を使ってきた逆襲だったのだと思います。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM