(ヒルガオの淡いピンクが好きです)

当地は8月7日が七夕。街はさぞ賑わっているのでしょうね。何ほどのこともないのに祭りは人を惹きつけます。

きょうは「積ん読」ままだった本を読んでいます。まもなく3冊目を読了します。

篠田桃紅著『百歳の力』(2014年、集英社新書)。ページに付箋をたくさん貼ってしまいました。

やはり人生というのは難しいから、どこかで折り合いをつけてやっている。太宰治は、「生きているのだからね、インチキをやっているに違いないのさ」と『斜陽』に書いていますね。(30-31頁)

若いときは、私にも悩みが押し寄せることがずいぶんあったけど、このごろは、自分が悩む人間のように思うこと自体、思い上がりじゃないかと思いますね。みんな苦しんでるんじゃないかしら。誰だってその人はその人なりに。(36頁)

年甲斐もなくという言葉があるけど、やっぱり、この年にならないとできなかったんだという、年甲斐のあるものができれば、たいしたことですよね。(176頁)


というわけで、きょうから一泊二日の人間ドック。読了した本は『百歳の力』のほか、高良倉吉著『琉球王国』。まもなく読み終えるのが富山和子著『水の旅 日本再発見』。

そして、これから読むのが佐藤勝彦著『ますます眠れなくなる宇宙のはなし 「地球外生命」は存在するのか』です。

静まり返った人間ドック病棟。職員の方は誰もいません。

夜は長い。明日は大腸内視鏡検査です。内視鏡そのものよりもあの2リットルの下剤が苦手です。毎度頭痛がします。

みんな苦しんでいるのでしょうね。私だけなんて思うのは思い上がりです。

そういえば、前回のドックでは宮部みゆきの『模倣犯』を読んで、怖くなり風呂に入れなくなりました。人気(ひとけ)のない広い浴室。地球外生命がいたら嫌なので、明朝シャワーを浴びることにします。


(「時季の森」にて)

思いは、言葉となって紡ぎ出されます。沁み渡る言葉は生きる勇気を与えてくれます。あなたの生きる力になることを願って書き留めます。

卒業間近。両親の病により当初の夢をあきらめ、帰郷しようと決めたときのKさんの言葉。

「好きな道をあきらめてはいけない。でも、行く道を好きになることもできるからね」

いまになってわかります。Kさんは好きな道を行けなかったのだ、と。

帰郷し両親を看病するかたわら、自動車教習所に通っていたときに出会ったMさんの言葉。

「語学は石にかじりついてでもやり続けなさい」

Mさんの励ましのお蔭で、いまも出勤時タイ語のテキストを聴きながら歩いています。当時Mさんは60歳前後。それでもドイツ語を毎朝勉強していました。

肺に非結核性の陰影があり精密検査を受けていたときのYさんとNさんの言葉。


(「時季の森」にて)

看護師のYさん曰く。「絶対に大丈夫。治るよ」

主治医ががんと診断しているにもかかわらず呼吸器病棟の婦長(当時)のYさんの言葉は一筋の光明でした。

Nさんの言葉は叱咤でした。「肺に影があるくらいで弱気になっちゃいけない」

病魔に食い破られていた私の心を奮い立たせてくれました。

上司との人間関係に悩み、うつ病を発症。死ぬことばかり考えていたころのYさんの言葉。

「夏は暑い。夏が暑いことを嘆いてもしょうがない。相手を変えようと思うのではなく、そういうものなのだと受け容れることです」

「夏は暑い」--- この言葉によって救われました。

同じ時期、尊敬する元上司のSさんがしんみりと語ってくれました。

「大変なところで頑張るのも大事だぞ」

私もまた相手に響く言葉を紡ぎ出していきたい。裏山のヒグラシの声を聞きながら、そう思う夏の夕べでした。


(出穂=しゅっすい のとき)

友人からサボテンの種が送られてきました。友人の勤務するミュージアムではサボテンが栽培されています。そこで採れたものなのでしょうか。

ピンク色のゼリー状の実の中に芥子粒ほどの黒い種が30個ほど入っています。初めて見ました。まじまじと見ています。不思議な種です。

どんなサボテンなのでしょう。そして、どんな花を咲かすのでしょう。興味が尽きません。

封書には名刺も入っていました。職名は植物係長。「いきもの係だ!」と思いました。

「お元気ですか?サボテンの種を送ります」

ひとこと書かれた付箋とサボテンの種。ただそれだけのメッセージです。

だからこそというのでしょうか、友を思いやる、何とも言えない温かさが伝わってきます。


(ピンク色の中につぶつぶが入っている)

サボテンと言えば、子どものころ、我が家にはサボテンの鉢植えがありました。

金鯱(きんしゃち)と呼ばれるサボテンです。サボテンの王様と呼ばれています。

マッチ棒の先のような丸みを帯びたフォルムとクリーム色の鋭いトゲ。

父はこのサボテンが好きだったようです。歩行器に乗っている弟の顔のすぐわきに金鯱を並べて撮った写真が数葉あります。

サボテンと我が息子の組み合わせ。危ないと思うのです。父は何を意図したのでしょう。さっぱりわかりません。

サボテンの名前はシャボン(石けん)に由来するという。その昔、南蛮人がサボテンの樹液で服などの汚れを取っていたのだそうです。

チューリップの代表作「サボテンの花」。歌詞に「シャボンの泡がゆれていた」とあるのは、なかなかにしてシンクロニシティを感じさせます。

というわけで、なんだか「サボテンの種」という歌詞が書けそうな気がしてきました。


(ネジバナ)

経験則は確かなエビデンス(挙証データ)に基づいているものではない。にもかかわらず惹きつけられる何かがあります。

研修会や勉強会でなるほどと思う経験則を二つほど学びました。

一つ。家庭内で虐待があるかどうか。

家庭訪問でまず見る場所が水まわりだという。台所、トイレ、浴室などの水まわりを見ればその家庭がどんな状況にあるかわかるのだ、と。

これまで何百という事例を見てきての専門家の言葉には重みがありました。

水まわりと虐待にいかなる関連性があるのかわかりません。証明することもできないでしょう。

しかし、私にはすとんと腑に落ちるものがありました。水まわりがきれいな家で虐待は想像しにくい。うまく説明できないのですが、そんなふうに思います。

一つ。おならのくさい人にはお金を貸してはいけない。


(置物が可愛い。「時季の森」にて)

実家が江戸期、庄屋を務めていたという講師の話です。庄屋ですので村人にお金を貸すこともあったのでしょう。

家訓としておならのくさい人にお金を貸すとお金が戻ってこないと言い伝えられてきたのだという。

おならがくさいとは腸が健康ではないことを示している。腸が健康ではないことは身体が頑健ではないことを意味する、と。

いまでこそ大腸は腸内フローラと呼ばれ数百種類600兆個の菌が花畑(フローラ)にように生息していることがわかっています。

腸内フローラの状態は健康や病気に直接間接に関係しているのだそうです。

というわけで、貴重な経験則を二つも学ぶことができました。半世紀生きてきて自分も何か会得(えとく)した経験則はないものか、己の大脳皮質に照会してみました。

残念ながら何もありませんでした。

ただ、本日、水まわりの一つである浴室を丁寧に掃除。しつこいカビを取り、すっきりしました。

学んだ経験則によって重い腰が動きました。脅されると動くタイプです。


(「時季の森」。遠くに石森山が見える)

自宅から車で10数分。森の中に入って行くとカフェレストラン「時季の森」があります。高原の風が吹いています。

クヌギが高く繁り、様々な広葉樹に覆われています。

金土日のみの営業です。今週、気にかけていた仕事が無事に終わりました。


(抹茶アイスクリーム入りクリームあんみつ)

ふと自分にご褒美を与えてもいいのではないか。そんな甘いささやきが視床下部から聞こえてきました。大脳皮質も賛同し即行動。「時季の森」に向かいました。

人生の幸福は糖質で決まる、とは私がかねがね訴えているところの法則です。

身体に良くないのかもしれない。けれど、多幸感に最も寄与するのが糖質であると私は確信します。


(自然の風合いの木道が好きです)

その速効性においても糖質はずば抜けています。舌で喜び、胃が歓喜します。

抹茶アイスクリームのほのかな苦味と餡の甘み、そして黒蜜。寒天が甘さを中和しながら妙なる甘味のハーモニーを奏でます。

今週、嫌なこともありました。一方で、嬉しいこともありました。森を眺めながら反芻します。

嫌なことをどう捉えるか。その嫌なことはきっと意味があるのだ。つまり、「我が身の肥しなり」と思えるかどうかが、価値ある人生への登攀(とうはん)のY字路なのかもしれない。


(イングリッシュガーデンに咲く花)

間も無く人間ドック。にもかかわらず、糖質過多の道を邁進する我が身です。我が身を肥やしています。

(盛り付けは戦いであると思う)

やればできる。そう思いました。朝起きと月曜日と桜餅が苦手な私が早起きして弁当を作るようになりました。

息子2人に自分の分を含め3個。革命に近い出来事です。いや、革命と言ってよいでしょう。

庭先に実ったミニトマトやナスを早朝に収穫するなど、朝の惰眠を貪っていた過去の私からは想像すらできません。

朝起きはいまも苦手であることに変わりありません。

でも、いざ包丁を握るとスイッチが入ります。3口のガスコンロをフル稼働させながら、出汁巻玉子、メインのおかず、味噌汁を作ります。

弁当箱にご飯を入れ粗熱を取ります。

前夜に作っておいた一品も加え、盛り付けをします。この盛り付けが意外に時間がかかる。面倒この上ない。ときにカーッと頭に血が上ります。

箸が床に落ちる。ソースが股間に滴る。「あっ」に濁点の事態が次々に発生します。


(庭で採れたミニトマトを添えて)

弁当作りの一連の作業、つまり、材料を刻む、焼く・揚げる・煮る、盛り付けるを行う中で脳が活性化されていくのを感じます。覚醒です。

時間と戦いながら、調理し、順番をよく考え、最終形の盛り付けを思い描く。

これほど脳を創造的に働かせるものはないのではないか、と思い至るようになりました。

昼休みに己の作った弁当をおもむろに開けます。

鬼役(毒味役)のように神妙な面持ちで食べます。見た目はどうか。味はどうか。触感はどうか。腐敗はしていないか。

反省すべきは反省し明日につなげます。特におかずの沈下は意外な落とし穴です。貧弱に見えてしまう。たゆまず改良にチャレンジしています。

最大の反省点は股間に付着したソースやタレに気づかないまま職場に行ってしまうことです。

でも、心配いりません。アルコール入りウェットティッシュをデスク脇に常備しています。拭くはいっときの恥です。


(羽田クロノゲート)

夏は暑い。この言葉は私にとって格別の意味があります。暑い、暑いと嘆いても、涼しくなるわけではない。つまり、解決には結びつかない。

「夏は暑い」という前提に立つこと。当たり前として受け入れることが大事だということです。

仕事の師匠に教えていただいた言葉です。私の心の深層でセルフコントロールのキーワードとなっています。

さて、暑い季節になると暑い国に滞在していたことを思い出します。30年前のタイです。

面積は日本の1.4倍。約1年の滞在のほとんどをバンコクで過ごしました。

お気に入りの場所がありました。タマサート大学経済学部の食堂です。

チャオプラヤー川沿いの建物の2階にその食堂はあります。母なる大河を行き交う大小さまざまな船。

エンジンをむき出しにした高速船、対岸を往復するだけのはしけ船、貨物を満載しゆっくりと走る船、観光用のクルーザー等々。

渋滞で有名なバンコク。当時はスカイトレイン(BTS)も地下鉄もありませんでしたので、船を使ってバンコク市内を移動することもしばしばでした。

コーヒー色に濁った川面を浮き草がぷかぷかとゆっくりと川下に流れていきます。

経済学部の食堂は空調のある部屋と川のすぐ脇のオープンエアのエリアに分かれていました。空調のないベランダ風の川脇の席が私は好きでした。

流れゆく浮き草を見ながら、ぷりぷりとしたエビ入りチャーハン(カーオパットクン)を食べるとき、得も言われぬ幸福感を感じたものです。

長粒種(インディカ米)のパラパラとしたご飯とエビの組み合わせが絶妙。エビのためにご飯があり、ご飯のためにエビがある、と叫びたい気持ちになります。

チャーハンには半分に切られた小さなライム(マナーオ)が添えられています。ぎゅっと絞ってご飯にかけます。

その数滴の天のものなるライムの汁は鼻腔を伝って私の胃を刺激します。塩気の強いナンプラー(魚醤)を振るのもよいでしょう。

ところで、経済学部食堂から対岸まで約200メートル。シリラート病院という有名な病院があります。先年まで前国王が入院していました。

病院の敷地内にはホルマリン漬けの死体博物館(正式には「法医学博物館」と「解剖学博物館」)があります。当時、複数の友人に誘いを受けました。

けっこう執拗でした。私に何を期待したのでしょうか。

医学部に通う女子学生にも誘われました。

デートコースとして選んだのでしょうか。お断りしたので、その後、何の誘いもありませんでした。

もう一歩の勇気が必要でした。


(夜の表参道)

「夢と現実にギャップがあるとき、本人にどう接したらいいのか」 --- 会場からの質問です。講師から明確な答えはありませんでした。

就労支援に関する勉強会でのことです。誰が講師であったとしても難問だろうと思います。

先日、私の職場で働く6名のチャレンジ就業員のみなさんに私の就職の体験を話しました。

大学を卒業する少し前、タイの大学院に進学するため、バンコクに滞在。両親が重病で入院したため、留学はあきらめ、卒業と同時に帰郷。

その後、就職をせず、両親を看病しながら、自動車学校に通う日々を半年。

家の中では「無職のブルーレット」※と呼ばれる。自動車学校で出会った年配の男性に「語学の勉強は断じてあきらめるな」と激励を受ける。

父が亡くなり、生命保険会社の地元の営業所に就職。数か月後、保険のお得意様である市内の電子部品製造会社へタイ人研修生のための通訳の手伝いをするよう所長から指示を受け奮起。

と同時に保険の顧客である塾経営者から夜に講師を務めるよう依頼を受け、週に数日高校受験の中学生を指導をするように。

生命保険の営業職を1年半務めたのちに、地元の市役所に就職。母も死去。5年目のときにカナダ・モントリオール大学に1年間派遣研修生として留学。

市役所に入庁して四半世紀。

千客万来とまではいかないまでも、タイからお客様が頻繁に来市。今春、約30名のタイの青少年が研修のため当市に50日間滞在。年年歳歳、タイの人々と交流を重ねている。

そのような体験談をチャレンジ就業員のみなさんに語りました。

「タイに行きたいという夢はいまも持っているのですか」

「いい質問です。夢はいまも持っています。毎朝出勤時にタイ語のリスニングをしています」

夢は基本的に実現しません。夢は打ち砕かれるものです。現実は厳しい。

でも、その打ち砕かれた夢のかけらに次の可能性が秘められています。

超新星爆発のかけら(ガス)から新しい星が形作られるように夢のかけらを拾い集め、大切にしていきたいと思うのです。夢のかけらから違う形となって夢の星が生まれてきます。

「夢と現実にギャップがあるときどうすべきか」との問いに私はこう答えるでしょう。

「ギャップがあるのは当たり前。夢は打ち砕かれるもの。でも、その打ち砕かれた夢のかけらを捨てないでほしい」と。

好きな道を行くのではなく、行く道を好きになることもまたできるのです。

※当時、小林製薬から「無色のブルーレットおくだけ」という製品が発売され、それにかけて無職の私が揶揄されていたもの。祖母には「げーぶん(外聞)わりぃ」といわれました。


(羽田空港見学デッキにて。みな何を想う人ぞ。私はベーグルを買いに来ただけ)

淡い交わりの魅力について「淡交」でも取り上げています。淡い交わりになぜ多幸感を感じるのか。

おそらくは、ただ単に交わるだけの関係だからなのでしょう。

指示されたりする指揮命令系統にないからなのか。あるいは、サービス提供者と顧客といった利害関係にないからなのか。

ともかく、いわゆる「裃(かみしも)」を脱いだ付き合いなのが淡い交わりの良さです。

年に一度の県下都市職員交歓卓球大会。その様子は「寒苦鳥(かんくちょう)」でも述べています。

確かに同業者の集まりではあります。しかし、そこに仕事の話は一切出ません。夜の宴席で隣席の方がしんみりと話しかけてきました。

「仕事が辛くて辛くて、年に一度のこの集まりを目標に頑張ってきました」

「そうだったんですか。上司との関係ですか」

「そうです」

試合では颯爽と振る舞う方です。その姿からは想像できない言葉が発せられ、私はただただ耳を傾けるだけでした。


(ただ飲んでるだけなのですけどね。東京ミッドタウンにて)

6年前に東京財団週末学校という市町村職員を対象とした研修プログラムに半年通いました。3年前には政策研究大学院大学で「教育行政上級プロフェッショナル研修」という、ものすごい名前の研修を10日間ほど受講しました。

そのそれぞれのOBOG会が都内でたまたま同じ日に催されてハシゴして参加。

「それにしても『上級プロフェッショナル』ってすごい名前だよね。今年度から無くなっちゃったのは残念だね」

「教育長になっちゃいそうな研修だよね」

近況報告を交換。命にも及ぶような事故に遭ったこと、重責を担い奮闘する様子などを伺うことができました。来年の夏にまた集い合いことを約して別れました。

時を置いて集い合う。淡い交わりだけど必ず相見(あいまみ)えることを忘れない。次に会う日までお互いの健闘を祈りつつ、エールを送る仲間。

このような淡いつながりの持つ力を大切にしたい。そんなふうに思った東京での集いでした。


(プライバシー保護のため一部画像を処理しています。なお、トイレのスリッパではありません)

顔立ちは似ていても歩く姿勢が違う。日本人とタイ人の見分けは比較的容易です。特に女性は顕著に異なると感じました。

「タイ人 女子学生」と画像を検索すると歩く姿が数葉見つけることができるでしょう。

変態と思われるおそれがあります。スマホ画面の視界が他人に入らないところでお試しください。

タイ人の女子学生は背中がすくっと直立しています。

胸を張って歩く日本人は案外少ないことに気づきます。私もそうです。背中が丸まり少し前傾姿勢となってしまいます。

ところで、10数年前のことです。仕事での懇親会で長野出身のUさんと宴席をともにしました。Uさんは椅子の背もたれに寄りかからず、つねに背筋を伸ばしていました。

Uさんにお酌をしました。

するとグラスを持つ手を伸ばしたまま、かつ、背筋も伸ばしたまま、顎をすっと引いてお礼を言われました。

まるで合戦で床几(しょうぎ)に座る武将のように感じました。

「ご苦労でござる」とは言われませんでしたが、思わず「ははーっ」と言いたくなる雰囲気が漂っていました。当時40歳。

背もたれ不要のUさんはいま知事として活躍されています。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM