「この茶わん、大きさも柄も違いますね」--- いっしょにいた友人に言われるまで私はぜんぜん気がつきませんでした。

この定番の茶わんを目にした瞬間、同じものが並べられているはずだと、なんの疑いもなく思い、まったく関心の埒外でした。

しかし、よく見ると友人の指摘のとおり、大きさも高さも、デザインも違うのです。その違いを瞬時に見抜いた友人を尊崇の眼差しで仰ぎ見ました。

それとともに、このような定番の茶わんに手づくりで違いを出す努力に驚きました。水玉模様も左側の茶わんは縦に二つと一つを織り交ぜているのがわかるでしょうか。

「神は細部に宿る」--- 違いがわかる、気づくということは、つねに外界に対して関心を抱いているということの表れです。

もちろん、大局を把握する力も大切ですけれど、日常においては、ちょっとした違いに気づくことが重要だと感じます。


(炊き込み御飯をいただきました)

地域の集まりに参加しました。私以外の10人の参加者はご婦人。還暦を迎えるという方や年配の方からよもやま話を伺いました。

いろんな話題で盛り上がる中、70歳くらいの方がゲートボールの話で興奮されています。


Aさん:私は楽しくやりたいの。楽しめればいいのよ。それが、チームでやるんだけど、仲間が言うには、勝たなきゃダメだって。ゲートボールは戦争よって言うのよ。

Bさん:ゲートボールが戦争ですって?ゲートボールは人間関係が難しいのよね。Aさん、無理してやることないわ。ご自分の趣味を楽しんだ方がいいわよ。


「ゲートボールは戦争」との言葉に、競技名からは想像もつかない熾烈な戦いがコートで繰り広げられていることを知りました。『戦争論』を著したクラウゼヴィッツもびっくりですね。

お茶の間の語らいから、第二の人生も安穏としていられないことを痛切に感じました。



この地元の川には毎年白鳥がやって来ます。4月中旬ごろまで憩う姿が見られます。

この撮影地の少し先に小さなガソリンスタンドがあります。震災のときに列を作ってガソリンの給油を3時間ほど待ちました。とても寒い日でした。

そのときも白鳥は、なにごともなく悠々と泳いでいました。

私は放射性物質を吸い込まないようマスクをし、残り少ないガソリンを気にしながら、白鳥の姿を見ていました。

世の中が一変しているのに、白鳥たちはそれを知らない。あまりにも優雅な姿に、じつはなにごとも起きてはいないのではないか、と錯覚を起こしそうになりました。

白鳥の姿を見ると、あのときのことを思い出さずにはいられません。


子どものころ、我が家では毎年夏になる前に日本地図を開いて、父を中心に旅行計画を話し合いました。

自家用車はなかったので、鉄道の旅でした。父は、登山用の大きな薄水色のリュックに家族5人分の荷物をパンパンに詰め込んでいました。

旅先で見せる父の姿は頼もしいものでした。東北地方の北部を鉄道で走っていたとき、通路に立っていた女性が突然倒れました。父と母は機敏に救護に動きました。

旅ではありませんが、自宅近くの河口の渡し舟が転覆したとき率先して救出したのも父でした。

東京タワーは約40年前に家族と登りました。思い出の場所に来て亡き両親のことを思いました。

三人の我が子は将来どんな想いを東京タワーに抱くのでしょうか。


「つる」という言葉は多彩です。

まず名詞からいくと、弦、鶴、蔓、都留など。動詞は、釣る、攣る、吊る。それぞれ意味は違うけどなにか共通しているものを感じます。

不惑半ばになって「攣る」という言葉に親和性を感じます。起立状態で短い靴べらで革靴を履こうとすると4割の確率でふくらはぎが攣ります。

旧家に見られるような玄関の土間と床の高さに一尺以上の差異があるようなところですと9割の確率まで上昇します。

先日、デパートで憧れの天然木の長い靴べらを買いました。840円です。デザインもなかなかです。しかもお値打ちだと思いませんか。

出勤前はいろいろと顔が引き攣る事象が発生するので、せめてふくらはぎだけでもいたわりたいと思った次第です。


体重計に乗ったら、ボーイング777を想起させるような数字が並び驚愕しました。

いったいいつの間に。だれがこのようなことをしたのか。なにが起きたのだ。いくつものクエスチョンマークが沸き起こりました。

しかし、いま、まぎれもない冷厳な事実を受け止め、元の体重への復旧計画を立てて、一歩踏み出したところです。

来月はじめには、人間ドックがあります。

前回の泊まりの人間ドック(泊まりドックは格好の読書タイムです)で読んだのが宮部みゆき『模倣犯』でした。読んでいるうちに薄気味悪い世界に引き込まれ、夜、一人で院内の風呂に入るのが怖かったのを覚えています。鏡を直視できませんでした。

『模倣犯』。ぜひ皆様も年末年始に宮部みゆきワールドへ。

『火車』『理由』と並ぶ現代ミステリの金字塔! 日本国中を震撼させた未曾有の連続女性誘拐殺人が発生! 全五巻刊行開始。

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった――。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔、いよいよ開幕!


筆者は頻便(食事の回数とほぼ一致。極めて合理的生理現象といえる)なので、厠で沈思黙考することが少なくありません。

がまんならないのが、ペーパーが芯だけになっていることです。なぜ、交換できないのか。次の人のことを考えられないのか。

もう一歩「添える心」がほしい。残念でなりません。紙を交換したところで、匿名の世界なので報われません。だからこそがんばる必要があるのです。

でき得れば、交換した芯と包み紙もゴミ箱に捨ててもらえるとうれしいし、私はそうしています。トイレットペーパーの交換もできないような人が偉大な仕事はできない。親孝行もできない。

フェイスブックの友達リクエストもメッセージを添えないで申請する人が少なくないですけれど、その人たちは芯の交換はしていないに違いない。

ただ、ときおり、ホテル客室のトイレのようにご丁寧に三角に折っている方もいますが、あれはちょっとやり過ぎかなと。私の実姉曰く、三角部分に当該人物の雑菌がついているはずと。

ともあれ、芯を交換する輪が幾重にも広がれば、社会の雰囲気が変わるはずです。そのような運動が展開できないだろうかと、沈思黙考する日々です。


歯科医から処方されてジスロマックを服用しています。歯周病菌が死滅するそうです。歯科も内服で治療する時代が来たのですね。

ちなみに歯周病菌は、飛沫感染すると聞きました。親子間、夫婦間、密接な関係にあれば感染するらしいです。

このファイザー製の薬は、お腹がゆるくなる。というより、昨日、壊してしまいました。

下痢といえば、約10年前、仙台から福島へ行く高速バス(トイレなし)の車内で腹痛のビッグウェーブが起こったことを思い出します。福島駅の手前の信夫山トンネル前で降ろしてもらいました。周囲を見渡したところ、200メートル先にガソリンスタンドが見えました。

しかし、もう直腸の括約筋が耐えられそうにありません。時間は夕暮れでした。道端でもいいのではないか。ふと思いましたけれど、当時、公的な調査研究機関の研究員だった私は、辛うじて踏みとどまりました。

一歩一歩、迫り来る腹腔のガスの圧力上昇に歯を食いしばりながら、なんとか200メートルを歩き切りました。

ガソリンスタンドで速攻でトイレに。このときのえもいわれぬ安堵感は生涯忘れることができません。


【今回は「である調」で書いてみました】

コンビニでおにぎりを買ったとき、店員さんから問いかけられる「温めますか」が苦手だ。コンビニとは、文字通り便利でなければならない。余計な会話はしたくない。

たぶん、店員さんも一日何十回も「温めますか」あるいは「温めどうしますか」と尋ねて嫌になっているのではないか。

「そのままで」と言うと、「ありがとうございます!」と返事が来るけど、温めないほうがやっぱりお店にとってもいいんだろうなぁ。

以前、福島駅近くにあるミニストップのオーナーに尋ねたことがある。

「おにぎりコーナーに温め札というのを置いてみてはどうですか。温めたい人は、その札といっしょにおにぎりをレジに出せばよいのです。店員さんも、お客さんも心理的に楽ですよ」「本部に聞かないと・・・」

日本最大のコンビニの本部にもウェブサイトから提案した。数日後、「貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございます」だけだった。ま、想定内のことだ。

それにしても、コンビニに余計な会話はいらない。だから、Fマートのあいさつは困る。

午前0時過ぎに店内に入って、明るい声で「こんばんは!!」と言われると、あいさつしなければという心理的プレッシャーがかかる。

「こんばんは!!」を無視するのは、厳しくしつけられた私の育ちからして、じつに苦しい。「いらっしゃいませ」だけじゃだめなんだろうか。最近、Lソンも「こんばんは」と言い始めた。おそらく犯罪防止だろう。

どこかのコンビニで「温め札」を導入しくれないだろうか。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM